以前、駅のベンチに座って電車を待っているときに、隣のベンチからこんな素敵な会話が聞こえてきました。同じく電車を待っていた老夫婦(だと思う)の会話です。
(ここではあえて、夫・妻とします)

妻:「お父さん、これ(チラシで作った入れ物)持って行こうと思って作ったの」
夫:「そうかい。よくできたじゃないの。いつ作ったの?」
妻:「テレビ見ながらでも作れるわ。これ便利なのよ。ミカンの皮とか入れると散らからないし」
夫:「そうだね、よく気がついたね。喜ばれると思うよ」
妻:「お父さん、はい」(飴を渡す)
夫:「ありがとうね」
妻:ニコニコ

私はこの会話を隣で聞いていて、微笑ましいと同時に「すごい旦那さんだな・・・」と感心しました。夫が上手に妻の話に相づちを打って、短い時間に妻を認める言葉を「よくできたじゃないの」「よく気がついたね」「ありがとうね」をふんだんに使っていたことに驚きました。それこそ、『コーチングのスキル』がこの会話にはあったのです。
それを言ってもらった妻は嬉しくなって、ニコニコと穏やかに会話ができたのだと思います。


きっとこのご夫婦は、お互いに相手のことが大好きで一緒にいるのだと感じました。
当たり前のことのように思いますが、「これが夫婦円満というものかな」と思います。

何十年連れ添っても、心の繋がりを築けるまでになった夫婦は意外と少ないのではないでしょうか。
最近、ある30代の男性から夫婦問題の話をお聴きしましたばかりですが、「夫婦の会話がない」とおっしゃっていました。また、相手のことが好きかもわからない(または嫌い)という夫婦も意外と多いんです。

相手が会話しなくなってきたら、自分の言動を見直してみましょう。
きっと気付いた人の方が成長できるのだと思います。

特に、子育て中の夫婦の会話は、子どもが見ています。
笑顔で会話している夫婦の家庭では、子どもの『会話力』が育ちますね。

家庭円満は、夫婦の会話から。
たわいのない楽しい会話ができたら、いい夫婦・いい家庭ですね。


ひとりになりたい、でも、ひとりでは不安・・・

生まれた時のことを思い出して