以前、あることで悩んで苦しい時に、信頼している先輩に相談したところ、
「神様がついているから大丈夫」と言われたことがありました。
その言葉を聞いたらホッとして、思わず涙があふれてきたんですね。

それからというもの、「神様がついているから大丈夫」は、
私の大切な‘お守りの言葉‘になりました。

こんなにホッとできる言葉をくれた人とは、なんて心の優しい人なのかと思いました。私もこんなに素敵な言葉を人にプレゼントできればいいな、と思うようになりました。

だから、次にお会いした時、あの時の言葉のお返しに、
「あの時、『神様がついているから大丈夫』と言ってもらって、心の支えになりました。ありがとうございました」と伝えましたら、とても喜んでくださいました。

人は一人では生きていけませんね。
誰かに支えられて生きている。
小さいことでも、嬉しかったこと、助かったこと、良いと思ったことは、ちゃんと言葉にして伝えることが大切なんだとこの出来事を通して教わりました。

そうしたら、「また喜んでもらおう」と思うようになったんですね。
「今度はどんな言葉のプレゼントをしようかな?」と考えたら、
人からやってもらったことがたくさん思い出されて、
「ああ、私はこんなにたくさん支えられて、助けられていたんだな・・・」と
しみじみとありがたみを感じました。

当たり前のことだけど、「ありがとう」って言われると嬉しいです。
自分の心遣いが相手に気づいてもらえて、感謝されたときには至福の幸せを感じます。

だから、自分が言ってもらって嬉しい言葉や、やってもらって嬉しかったことを、今度は相手にお返しの言葉としてプレゼントしてあげたいなと思います。
相手のいいところをたくさん見つけられた方が、自分にとっても幸せだからです。
それができたら、心穏やかに、そしてイキイキと暮らしていけるような気がします。

今年も笑顔いっぱいの年にしたいです。

成人式

みにくい怒りの姿は、大慈悲の心