1月30日の日曜日。近くのスーパーで買い物をしてレジに並んでいた時のことです。
前の方(50代くらいの女性の方)が、クレジットカードを床に落としても気がつかず、レジを終えて行こうとしていました。

気がついた私が、「あのー、カード落とされましたよ」と声をかけると、
「あ、ホントだ!教えていただいてありがとうございます。本当に助かりました。ありがとうございます」と、何度も頭を下げてお礼を言われ、にこにことほほ笑んで行かれました。

私も「いいえ、どういたしまして^^」と微笑み返すと、初対面の方なのになんだかお互いに心が温かくなった気がしました。

『いいことをすると気持ちがいいな』と思いながら、買い物を終えて車に戻りました。
お陰でその日はとてもいい気分で、運転も「お先にどうぞ」の心で余裕を持って帰宅できました。


それから、不思議なことに、『いいこと』が今日まで続いているんです。
いつも行くスーパーの駐車場では、止めやすい場所がいつもタイミングよく空いていたり、
仕事の依頼が舞い込んできたり、
いい人との出逢いがあったりと、なんだかすごくいいことが続いています。

昨日のブログでご紹介した栃木県足利市の東光寺幼稚園のO様と、今日お電話でお話ができました^^ 2月中におおきなかぶにご来館することが決まったんですよ。
本当にお目にかかるのが楽しみです♪


自分が積んだ徳は倍になって返ってくる

『徳を積むことは、天に貯金するようなものだ』といいます。
その徳は、回りまわって自分が積んだ徳の倍になって、また自分に返ってくるのですね。

一ついいことをすると、気持ちが晴れますね。
気持ちが晴れると、本来の自分の良いところが見えてきます。
自分のいいところが見えてくると、自分が好きになるでしょう。

自分を好きになれるということは、人をもっと好きになって受け入れることができるということです。
人を受け入れ、許し、癒せる人は、人を助けられる人なんだと思っています。

たった一つ、いいことをするだけでいいのです。
それだけで、神様はすべてを許してくださっているのだと思います。

その心がけが、幸運を呼ぶんですね。

一ついいことをした時は、「いいことをさせてもらえた♪」と感謝しましょうね☆

大網幼稚園 『家庭教育学級』 講演会

大網幼稚園講演会のご依頼