江戸時代末期の蘭学者である渡辺崋山が説いた
商いの精神を要約した『商人八訓』というものがあります。

商人八訓

一 、先ず朝は、召使より早く起きよ
ニ、 十両の客より百文の客を大切にせよ
三、 買い手が気に入らず、返しに来たならば、売る時より丁寧にせよ
四、 繁盛するに従って、益々倹約せよ
五、 小遣いは一文より記せ
六、 開店のときを忘れるな
七、 同商売が近所にできたら懇意を厚くして互いに勤めよ
八、 出店を開いたら、三ヵ年は食料を送れ

今に通じるものがあることが驚きですね。

”商いは気遣いの魂”と言われるくらい、経営者は爪の先まで計算し尽くした気遣いが必要だと聞いたことがあります。爪が甘かったらとんでもない失態につながり、信用問題に発展してしまうからです。

気遣いとは、相手の立場になってものを考える集中力があるかということです。
強いては、これが大きな成果を生みだすことになるのだと思います。


昔、若い頃に人としてのあり方を教えてくれた先生がいました。
それは、「まじめで固いのはダメ。すぐにポキンと折れる。まじめでやわらかい人になりなさい」と教えられました。

経営も同じ。
まじめで頑固なのは融通がきかないからお客様から嫌われる。
まじめな経営が基本だけれど、時代や相手の立場を考えて臨機応変に対応できる経営でなければ生き残れません。

これを経営者だけでなく、社員全員に浸透させることが必要だと感じています。

この世は来世の序章

思春期に揺らがないために