NPO法人民間児童館おおきなかぶを設立して、今年4月で10周年になりました。
これもひとえに、関係者の皆様、保護者の皆様、地域の皆様、活動を応援してくださった皆様方のお陰様です。心より感謝申し上げます。

今振り返るとあっという間の10年間でしたが、当時は右も左もわからずにやっていたことを思い出します。

おおきなかぶを設立する前、私は11年間暮らした所沢から、誰も知り合いのいない大網に引っ越してきたばかりで友達もいませんでした。当時末っ子は3歳。(私は37歳)友達作りをしようと思っても、当時は今のように子育て支援センター等の子育て支援が充実していませんでしたので、親子が集まって活動できる所があまりありませんでした。
公園へ行っても親子の姿は少なく、「所沢へ帰りたい…」と何度も思ったものです。

悶々とするうちに、「そうだ、居場所がなければ自分で創ろう!」と思い立ち、子育てサークルを立ち上げようと末息子を自転車の後ろに乗せてチラシを作って近所を回り始めました。
公園などで配ってもまったく相手にもされず、地域の家を一軒一軒訪ねても、セールスと間違われてインターフォン越しに怒鳴られたり、犬に吠えられたり…。
友達が出来たかと思えば、面倒くさいことがあると去っていく…。
しばらくはそんな繰り返しでした。
今となってはいい思い出ですが、相当落ち込んだ時もありました。

でも、
「私と同じ寂しい子育てをしている人がいるに違いない」
「人からバカにされようが、笑われようが、その人に出逢うまで続けていこう」
と思っていたから、やってこれたのだと思います。


当時、私がやっていたことは、傍から見ると本当にバカげたことのように思ったことでしょう。お金にも得にもならない面倒なことをずっと続けていたのですから。
でもそれは、現在のNPO法人民間児童館おおきなかぶの基盤となっていきました。
あの時に諦めず続けてこれたから、笑顔のあふれる今日がここにあると心からそう思っています。

今思えばあれが苦労だったのでしょうが、当時も今も苦労と思ってはやっていません。
苦労と努力の違いは、目標があるかないかの違いなのかもしれませんね。

どんな活動においても、構想を明確に持つことが目標達成につながるのだと思います。
そのための行動であったら、人から笑われても続けていくことができます。

私は、過去に苦労したことの何十倍もの成功やしあわせを、今みんなから貰っています。
これからもきっと良くなっていくと想像します。

人からバカにされても、笑われても、
自分の人生は自分で責任を持って、やりたいようにやればいいのです。

人は自分を縛るものからふっきれた時、自由になれるのだと思います。
自分を縛っているものとは、自分自身の『考え方』です。

自分にウソはつけないものです。
自分に正直になれたら、やるべきことが見えてきますよ。


今月は、総会があります。
今年は正会員も増え、活気にあふれています。

20周年を目指して、これからも地域のお役にたてるNPO活動を行っていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。

保育所保育指針

ありんこ農園開始!