青年期には体力があるが、お金がない
中年期にはお金があるが、時間がない
老年期には時間は余るほどあるけれど、健康に見放される


これは、悲観論者で有名な哲学者のショーペンハウルの言葉です。


いつの時代も、時間やお金が出来るのを待っていたら、いつまで経っても何もできないということです。つまり、今この時が人生で最も若く、贅沢に時間を使える時なんですね。
私は今この時に、自分のやりたいことに集中できることが贅沢なことで至福の喜びです。

今のうちに、老年期の準備をすること。
健康を保ち、人に迷惑をかけないようにすること。
そして、やりたいことができること。

今の私の目標です。

法人設立の理由

ワタシ・今・ここ