今日は、二女が通っている千葉県立大網高等学校のPTA校内研修会に参加してきました。

大網高校は、山武農業高等学校と白里高等学校が合併して今年で3年目の高校です。
見学会は年2回あり、今回は中正農場、生物工学科・食品工業科の施設設備を見学しました。

初めて参加したのですが、素晴らしい環境と設備に本当にびっくりしました。
中正農場は11ヘクタールあるそうです。

果実園、ビニールハウス、畑、牛舎などがあり、生徒たちがイキイキと実習している姿が見られました。
DSC04596.jpg

ここはトウモロコシ畑。クラスごとに分かれて植えられていました。
DSC04602.jpg

お待ちかねの試食コーナー。マスクメロンとトウモロコシを試食しました。
とても甘くて、美味しかった~!メロンの販売もありましたよ♪
DSC04605.jpg

途中、バスで移動して、市民農園や大網小学校の子どもたちが田植えをした田んぼも見せてもらいました。

学校へ戻ってくると、今度は生物工学科棟を見学しました。
千葉県で生物工学科は、大網高校だけだそうですね。

ここもまた素晴らしい施設で、高等学校でこれだけの施設は日本でもまれなんだそうで、大学の施設よりも充実していると、東京の大学の先生も見学にいらっしゃるくらいだそうです。
DSC04625.jpg

ここは2階の無菌室。植物の葉っぱから細胞をとって培養しています。
もう少し大きく育ったら、先ほど行った農園のハウスで育てるそうです。
DSC04614.jpg

1階は動物実験用に飼われているマウスがいました。
DSC04618.jpg

そして、最後に食品工業科棟を見学しました。
本格的な機械がたくさんあって、ここはまさに『工場』です!

これは、生徒が作ったイチゴジャム(300円)。イチゴ狩りで作られているものと同じイチゴで、そのままでも十分に食べられるものだそうです。一度砂糖と煮詰めた後、冷凍保存します。冷凍されながら甘さが中まで浸透して、その後、時期をみて2度目の工程は水あめなどを加えて仕上げるそうです。あまり手を加えていないので、イチゴの粒もそのままで、本来の甘みと色が出ています。大網高校のジャムは安全で美味しいと、地元ではとても有名なんですよ。

他にブルーベリージャム(300円)と、リンゴジャム(200円)もありました。
私は各種ジャムとみかんのカン詰を買って帰りました。
文化祭でも販売されるそうなので、一般の方も購入できますよ。
おおきなかぶの学童と、ありんこ親子保育園のおやつにも出しますね^^
DSC04632.jpg

こんなに素晴らしい環境と設備の中で、子どもを学ばせてもらえることがとてもありがたいです。大網高校に入学させて本当に良かったな、と思った瞬間でした

秋には文化祭が行われるそうですので、お近くの方は是非いらしてみてくださいね。

ハイエースが来ました☆

島根県隠岐の島より、研修のお申し込みがありました☆