あなたは悔しい思いをした時に、どう感じますか?

世の中には、3種類の人がいるそうですよ。

1、「だだでは起きぬ」と、悔しさをバネにできる人
2、「あいつが悪い」と、人のせいにする人
3、「誰もわかってくれない」と、クサる人


この違いはどこからくるのでしょうか?
性格?経験?価値観から?

私は、自分を信じることができる人とそうでない人の差ではないか、と思います。
自己評価(自己肯定感)の違いだともいえます。


1の人は、
自分を信頼している人。自分を信じることができる人は、自分のいいところも悪いところも受け入れることができ、自分のことをよく知っていて自分を味方にできる人。

2の人は、
自意識過剰の人。比較的、自分大好きな人。自分が正しいと思っている人。そのわりには、世の中や他人に対して不平不満が多い人。

3の人は、
自分を信頼していない人。「どうせ、自分なんて」と感じている自己評価の低い人。自己肯定ができない人。カラに閉じこもるタイプの人。


人は、悔しい思いや悲しい思いをした時に、初めて自分の弱さを知ることができるのではないでしょうか。自分が弱いために、こんなに傷つき、悩み、迷うのだと…。

でも、これって『外』からの問題のように思いますが、実は自分という『内』からの問題なんですね。厳しい試練が起こった時に、それをどう受け取り、乗り越えるかは自分次第なのです。

同じ試練でも人によって受け止め方が違い、乗り越えられるか、乗り越えようとも思わないか、逃げるかで、結果が違うのは考えてみればわかることですね。

不思議なことに、嫌だからと逃げても、乗り越えるまでまた違うところで同じようなことが繰り返し起こったりします。私は、これはきっと『天からの宿題』なんだと思います。宿題を終わらせなければ何度も同じ宿題をもらうようですよ。

問題の原因は、もしかしたら自分の中にあるのかもしれませんね。

自尊感情

損して得取れ