武道や禅の教えとして有名な『守・破・離(しゅはり)』というものがあります。
「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階のこと。

例えば、スポーツ。
ゴルフやテニス、野球が上手くなりたいと思ったら、何万回も素振りをするでしょう。基本を繰り返すことで正しいフォームが体に染み込みます。
そして、もっと上手くなりたいと思ったら、プロ選手のフォームを繰り返し見て、自分でやってみるというように基本という土台の上にいろんなテクニックを学びます。

このように物事が上達するための教えを『守・破・離(しゅ・は・り)』というそうです。


初めの段階では、指導者の基本の教えをときかくきっちり守ります。
スポーツでは、コーチの教え通りに真似をして、無意識でもできるまで徹底的に体にたたき込みます。


基本をマスターしたら、次の段階は指導者の教えをただひたすら守るだけではなく少し破ってみます。つまり、自分独自に工夫してアレンジしてみる。指導者にはないやり方を試してみるのです。そして、徐々にいろんな場面で使える方法を取り込み、自分のものにしていきます。


最後に指導者の教えから離れて、自分自身で工夫し体得したものをさらに発展させます。自分独自の技なり世界を創っていくという段階です。


どの道にも、昔から受け継がれてきた基本形というものがあります。それが『』です。武道、書道、茶、音楽、能、歌舞など、これらは長い時間を経てつくられた型ですから、無駄がなく洗練されています。ですから、初めのうちは、繰り返し繰り返し、基本の稽古をしなくてはなりません。
この基本形の型が土台となり、その上に初めて個性というものが発揮されるのだと思います。


守・破・離の教えは、仕事にも生きています。

入社したての頃は、先輩や指導者の教えをひたすら守ります。
仕事の基本をたたき込まれるのです。この段階で辞めてしまう人が多いのですが、それでは仕事で自分の個性を発揮することはできません。ひたすら覚えて、自分の体に仕事の基本を染み込ませます。これが『』です。

次に基本ができてきたら、どうやったら仕事がやりやすくなるか、目標を達成させられるかを自分なりに考えます。「教えられたこと+α」を創りあげ、自分のものにします。これが『』です。

仕事が順調に行き始めたら、周りの信頼も増すでしょう。そうなると責任ある仕事を任せてもらえるようになっていきます。お店だったら支店の店長に昇格するかもしれません。これまでの仕事の基本をきっちりやって、それなりの成績を残している人だったら、周りの人がほっておくはずがないです。これが『』です。


いくら自分が成功したからとて、恩師とその教えがなかったら今の自分はありません。
どんなに偉くなっても、社長になっても、初心と謙虚な気持ちは忘れない。
自分が生かされていることに感謝することが大事だと思います。

この『守・破・離』を実行できる人とは、素直な気持ちを持っている人です。
素直さが一番の成功のカギとなるのだと思います。

壁を乗り越えなければ、また同じ壁にぶつかる

学習指導要領改訂に向けて