「とにかく歩き続けてみる」

人生は平坦な道ばかりではない
人生は山道を登るようなもの

険しい道もあれば
景色を眺められる道もある
頂上がみえたかと思っても
また見えなくなる

ある日気がつけば
ああ、私はここまできたのかと
自分の歩いてきた道を振り返ることもできるだろう

曇った日も土砂降りの日でも
頂上は必ず見えてくると信じて
とにかく歩き続けること
そうすれば必ず道は開けてくる




志を立てても、挫折してしまうのが人間です。
登れそうにない山があると、それを見ただけで諦めてしまいそうになります。
本当に頂上はあるのだろうか、と落ち込む日もあるでしょう。
でも、ここで諦めたら一生夢への頂上にはたどり着けないかもしれない。

誰も自分の人生の道案内をしてくれるわけではありません。
ただただ、頂上はきっとあると信じて歩き続けてみるしかないのです。

私は、今まで山あり谷ありの険しい道も、とにかく歩き続けることができました。
そして、今ようやくここまで来れたんだな、と少しだけ来た道を眺められるようになりました。
まだまだ道半ばで頂上は見えてきませんが、あと何十年かかってもこの道を諦めずに、疲れたら休憩をとりながら、とにかく歩き続けてみようと思います。

誰からも認められなくても、わかってくれなくてもいいんですよ。
自分というパートナーが、一緒に道を切り開いてくれます。
明るい未来をつくっていきましょう。

親の足形、子が踏む

広く、深く、速く