夕方、仕事から疲れて帰ってきた後に、子どもたちが部屋を散らかしているのを見るとイヤになりますね~

使った食器はそのまま、服は脱ぎっぱなし、ランドセルは置きっぱなし、宿題もやっていない・・・。

冷静でいようと思っても、だんだん頭に血が上ってくるのがわかります
そして、とうとう「いいかげんにしなさい!」「片付けなさい!」「いつやるんだー!!」と、ついつい怒鳴ってしまいます
だいたい、これがうちのパターン

夕方なんて、忙しい時間に4人も子どもがいて、やさしいお母さんでいられるわけがない。
本当にお母さんって大変ですよね
皆さんのお宅はいかがですか?

そんな私は、家事や子育てがイヤになったら、本気でイヤになって投げ出さないように工夫しています。

夕方は疲れているからイライラするのだから、片付けは後にして、とりあえずお風呂に入ってリラックスします。リフレッシュしてから次の行動をとると、疲れも少し抜けて冷静になれます。
お腹が空いてイライラするのなら、先にご飯にしちゃいます。
お腹が満たされたら、少し休んで次の行動をとるようにしています。

完璧ないいお母さんになる必要はないのです。
いつもニコニコして子どもの話を聴ける良妻賢母なんて、自分が疲れてしまいます。
お母さんだって人間だ!機嫌の悪い日だって、イライラすることだって、疲れることだってあるんだ!と、子どもが知っておくのも人生勉強です。でも、そればかりではないやさしいお母さんのことも、子どもはよく知っています。親は神様じゃないんだから、人間らしい面があって当然なのです。

でも、本気でイヤにならないでくださいね。
子どもはいくつになってもお母さんが必要なんですから、親を放棄して投げ出されては困ります。特に小さい子どもを持つ方は、いい加減(良い加減)を知って、上手に手抜きしながら、イヤになっても本気でイヤにならない工夫をしてください。

きっといつの間にか、子どもは大きくなって巣立っていくでしょう。
その時は思っていたよりも、案外近いかもしれませんね


体育祭

『自分で守ろうこころとからだ』セミナー