全国の公立小中学校で、発達障害により「通級指導」を受けている児童・生徒が9万人を越えていて、この20年あまり間で7倍以上増えたのだそうです。

保育・教育現場の先生方から、発達障害の疑いのある児童・生徒の対応や研修が必要だと伺っています。

発達障害とは?
生まれつきの障害で、現在では脳機能の障害と考えられています。
大きく「広汎性発達障害」「LD(学習障害)」「ADHD(注意欠如・多動性障害)」の3つに分けられ、広汎性発達障害には自閉症、アスペルガー症候群などがあります。

広汎性発達障害、LD、ADHDは併発することも多く、さらにどれも似たような症状が起こるため、専門医でなければ判断はできません。また、年齢や環境により目立つ症状が違ってくるので、診断された時期により、診断名が異なることもあります。



発達障害は障害の困難さも目立ちますが、優れた能力が発揮されている場合もあり、周りから見てアンバランスな様子が理解されにくい障害です。発達障害の詳しい原因はまだよくわかっていませんが、小さい頃からその症状が現れています。 早い時期から周囲の理解が得られ、能力を伸ばすための療育等の必要な支援や環境の調整が行われることが大切です。


現在、日本国内では児童の100人に6人が持っているといわれる発達障害。
保育園なら1クラス25人に1人~2人はみられることになり、決してまれな障害ではありません。
すでに乳児健診などで診断され、療育手帳を持っている子どももいますが、まだ診断がついておらず、保護者も受診に積極的でないケースもあり、対応が難しい場合も。
発達障害を持つ子どもには、種類や程度にもよりますが、ほかの子どもたちと同じように保育園で過ごすことが困難な場面が多くみられ、保育する側にも特別な配慮が求められます。
今回は、保育の現場で出会うことも少なくない代表的な発達障害について紹介し、日常でよくみられるケースをあげながら、関わり方を学んでいきたいと思います。

保育士が覚えておきたい、発達障害の種類と関わり方より~
※特徴や関わり方等、詳しくは「発達障害」で検索してみてください。


当園では、障害児研修を行い職員のスキルアップを行っています。
まずは、発達障害を理解し、適切な対応を心がけることが大切ですね。

五十にして天命を知る。

口癖と表情