皆さんは、「つくる」という言葉をきいて、どんな漢字を思い浮かべるでしょうか?

つくるには、「作る」「造る」「創る」という3つがあります。
今日は、この3つの漢字の意味について、取り上げたいと思います。

作る
「作業」のこと。「プラモデルを作る」など。
材料が用意されていて、作り方も支持されている
つくるものの完成形もわかっています。

造る
「造形」のこと。「粘土で造る」など。
材料が用意されていて、作り方は自由
つくるものは自分で考えなければなりません。

創る
「創造」のこと。「文化を創る」など。
材料もつくり方も、つくるものも与えられていません。
その全てを自分で生み出したり、もってきたりして創っていく必要があります。


このことは、仕事にも当てはまります。

言われた事を、完成品通りにやる(作業)
言われた事を、自分なりに工夫する(造形)
言われなくても、自分で生み出していく(創造)

完成品通りに緻密な作業が必要な場合もあるし、
完成品はなくても、材料が用意されていなくても工夫を迫られる場合もあります。
起業するなら創造することが要求されますね。


発想の転換が必要

昨日のブログ「空き箱工作で知能を伸ばす」でご紹介したように、材料を自由に選んで自分で考えて”つくる体験”が、育つ過程ではとても大切で必要なことなのです。

しかし、大人は完成度の高い整っている工作(見栄えの良い作品)を子どもに求めてしまうところがあります。幼稚園の中には、親受けの良いものを子どもに作らせるところがあると聞いたことがあります。親受けする制作をしたところで、子どもの内面は育ちきれないのではないかと疑問を感じます。

それは小学校へ上がってからも続きます。
例えば、夏休みの工作。
小学校の夏休みの作品展には、完成度の高い立派な作品が並んでいます。
明らかに大人の手が入っているな、と思うものもあります。

立派な作品ですが、大人の感覚を押し付けては、子どもの発想の芽を伸ばすことはできません。下手でもいいから、もっと自由に思いのままにつくらせてあげてもいいのではないかと思います。

子どもは、考えたものを形にしていく過程で、失敗したり、工夫したり、成功したりしますが、この経験が子どもの将来の訓練になるのです。工作が好きな子は、はじめは簡単なものから作っていき、だんだん創造する遊びに発展するものです。その芽を摘まないように、夢中で遊べる環境を与えてあげることが大切なのではないでしょうか。

子どもの頃の”つくる”体験が、将来、仕事を持つようになってからの「仕事の取り組み方」にも繋がっていくのだと思います。

一時保育が始まります!

空き箱工作で知能を伸ばす