私は子どもの頃、父親が厳しく、母親は年の離れた弟の面倒や仕事と家事で忙しく、長女だった私は両親に甘えることすらなかったように思います。
その結果、『超自立』状態になり、誰にも頼らず何でも自分でできる子になりました。
すると、大人になって自分が親になってからも、当たり前のように『何でも1人でやる』というスタンスになってしまったんですね。
今は違いますが、25年前に子育て中の頃は、大変な時期でも人に頼ることができないでいました。それは、子どもの依存時代に「甘えてはいけないんだ」「頼ってはいけないんだ」と思ったことで『超自立』になったからだと思います。

それに、私は器用な方でしたので人に頼るより自分でやった方が早いし楽でした。
いつの間にかこんな考えになっていたんですね。

でも、実際に子育てを一人でやってみると大変なんです。
主人は海外出張や単身赴任が多かったので留守がちでしたし、近くに親戚もいませんでしたので、自分が病気になった時や大変だった時に「助けてほしい」このたった一言が言えなかったため、本当に大変な思いをした時期もありました。

そんな時、手を差し伸べてくれたのがご近所の先輩ママさんたちだったのです。
素直に「お願いしてもいいですか?」と子どもを託してみたところ、喜んで預かってくれました。
自分が今まで思っていた「どうせわかってくれない」「助けてもらうことは迷惑なのではないか」という考えは払拭してしまいました。

そして、その時にこうも教わりました。
「人に頼ることは悪いことではないのよ。だって、困っている人を助けてあげられるんだもの。こんなに徳のあることはないでしょう。私の方がありがとうっていいたいわ」と。
今までの私の考えは、自分を苦しめるどころか、子どもにまで辛い思いをさせてしまっていたのかなと思うと、「自分は変わらなければいけない」と本気で思いました。それからは、子育てはお互い様という気持ちで、子育て仲間を作って楽しく子育てをすることができました。

子育て中のとても辛い状態のときに、この「助けて」のSOSが出せない人、「たすけてほしい」が言えない人の気持ちはよくわかります。だからこそ、「頭を下げて人に助けてもらうことは、子どものためなんだよ」と言いたいです。

現代では孤独死も増えていますが、男女問わずに『超自立』している人が孤独感に陥る方が多いのです。

人は依存の時代を経て、自立していきます。子どもの頃は誰かに養育されなければ生きていけません。十分に甘えを満たされたあとに、だんだんと自立していくのですが、この依存時期に「甘えるな」とか叱られた経験を持ったり、何か傷ついた経験があればある程、甘えてはいけないんだという思いが強くなり、超自立になったりするそうです。その結果、人との親密感とは程遠い位置に自分を置くようになります。

でも1人でやっていると、必ず行き詰ったり孤独感を感じる場面がやってくるのですが、そんなときに口が裂けても『助けてほしい』が言えないんですね。「どうせ誰にもわかってもらえない」とか、「助けてって言ったら迷惑だろうな」とか、「助けてって言うことは負けた感じがする」とか思ってしまうのかもしれませんし、何か子どもの頃の怖れが出てくるのかもしれません。

人に頼るのが怖いのでしょう。
この怖れにのまれてしまい、結局誰にも頼らずに1人で頑張るんだけど、また同じ壁にぶつかる…。そしてバーンアウト(燃え尽き症候群)してしまって、生きていることが本当に辛い状況に陥ることもあるのです。

特に子育て中の方は、この「助けてほしい」が言えるかどうかで、子どもの命がかかっていると言っても過言ではないと思います。
母の本当の強さは、「助けてほしい」が言えるかどうかです。だって、自分一人ではどうにもならないことが世の中や子育て中にはたくさん出てくるからです。

勇気を出して「助けてほしい」と言ってみましょう。
人に子どもを託すことも、子育て中には必要なことかもしれませんね。

子育ての悩み「お金の話」

壁を乗り越えなければ、また同じ壁にぶつかる