私は小学生の頃、勉強が苦手で学校に行くのが苦痛でした。
友達は皆、自分よりも頭が良くて幸せに暮らしているんだと思っていました。
父親はとても厳しく、私は学校でも家庭でも劣等感を感じていましたので、子どもの頃の記憶はあまりいいものではありません。

そんな私が、今のように積極的に明るくなった一番の理由は、『きっといつかはよくなる』と信じられたからだと思います。それは、誰から教わったわけでもありませんでした。きっと自分を守る術を幼いなりに自分で探し出したのだと思います。

学校で嫌なことがあっても、長い帰り道で「きっと明日はよくなる」「悪いことは続かない」「今日のことは、1年後には誰も覚えていないだろう」「神様が見ていてくれる」とよく思ったものでした。今考えれば、それほど辛くて嫌なことがあったのだろうな、と思います。
そして、そんな日は、寄り道をして湧水を飲むのが習慣でした。「悪いことはこの水に流してしまおう」とも思ったものです。小学3年生の夏、美味しい湧水に癒されたことを今でもはっきりと覚えています。


そして、成長するに従って、
勉強できる子=頭のいい子 とは違う と思い始めました。

勉強はできるけど…
友達の気持ちも考えないで自分勝手な行動をとる子、
先生の前では優等生なのに、友達の前では「バカ、死ね」と言う子、
掃除の時間にさぼっている子、
約束を守らない子、
いつも遅刻してくる子など、
私はそんな子を見ていて、とても頭がいいとは思えませんでした。

本当の頭良さとは、勉強だけできていればいいというものではないな、と子どもながらに考えたのでした。

私は、あまり勉強はできなかったけれど、世間勉強はたくさんしました。そして、自分で考えて行動できる大人になれました。それは世間の人たちが体験として私に教えてくれたお陰です。
もしかしたら、あの頃、勉強ができた友達たちよりも、私の方が今は幸せに暮らせているのかもしれませんね。


『きっといつかは良くなる』と思えば、きっと良くなるはず!

劣等感がある人ほど、先に行って伸びる可能性があります。
ダメだったら、どうすればいいか?
できなかったら、他にできることはないか?
わからないところは、人に聴いてみよう。
と思えます。

私の尊敬する松下幸之助さんは、小学4年生で学校を中退し、自分に劣等感があったといいます。しかし、人の話をよく聴き、教えてもらい、周知を集めることで大成功した人です。

自信がある人は、自分を振り返ることはしないかもしれません。
プライドの高い人は、人に頭を下げてお願いすることができないかもしれませんね。

ダメな自分も、自分です。
でも、そんな自分なりに、自分の生きる道を確実に歩んでいれば、きっと人より秀でてくるものが出てきます。その秀でたものをやり続けることで、充実した人生になってくるのだと思います。

私は51歳になっても、結果は今ではないと思っています。
これまでに頑張ってきたことは、これから必ず現れてくるでしょう。
それを楽しみに今よりももっと良くなることを信じて、
子どもたちと楽しんでいきたいと思います。

仕事に悩みがあって、
その悩みからヒントを得て解決するというときに、
始めてコツがわかってきます。経営にとって、
非常に難しい状態とか悩みとかいうものは
本当は大きなプラスなのです。経営も経済も、
行き詰れば行き詰るほど必ず道は開けてくるのです。


~松下幸之助~


昨日、スタッフの一人から来年度の0歳児保育について相談されました。
離乳食やスペースの確保等、新しく受け入れる乳幼児のことでいろいろと思案している様子でした。

いつも思いますが、現場は現場での判断があります。
どうしたらいいかは、現場の先生たちが持っています。
あれこれ考えて出した答えを聞いて、私は合否を出すだけですが、
中には答えを持たずに「どうしたらいいですか?」と答えを求めにくる人もいます。
そういう人には「あなたはどうしたいと思っているの?」と質問してみます。

あなたは自分の答えや考えをキチンと上司に言えますか?
自分の答えを持った上で、上司に「これでいいですか?」と相談することです。
いつまでも答えを人に丸投げしていては、個人の成長はありません。


会社を経営していると、毎日いろんな問題や試練があります。
どの会社も同じでしょうが、この問題や試練が起こった時にどう対処するかが
道を分ける大きなカギになるものだと思います。
そして、経営者は正しい判断をしなければなりません。
そんな時、必要なのが社員スタッフが持っている情報です。
どんな些細な情報でも、そこから道が開けることもあります。

私は常に、人と話すことを心がけています。
相手に伝えたいことがあれば、自らの言葉で話します。
相手がどんな考えか知りたければ、根気よく話を聴きます。
それをやっているお蔭で、様々な情報が入ってきますし、
自分の言いたいことも話せる環境ができています。

わからなくなったら、皆で思案したらいいのです。
どんな悩みでもいい方向へ向かうための必要な過程だと思えば、
必ず道は開けてくるでしょう。

要は、考え方次第です。

以前、50代男性のAさんからこんな話をお聴きしました。

Aさんが、知り合いのBさんと約束の場所で待ち合わせをしたそうです。
しかし…、10分経っても、20分経っても、Bさんは現れません。
遅れるという連絡も来ないまま、30分経った頃、事故でもあったのではないかと心配になったそうです。電話をかけてみようと思い電話番号を調べていると、ようやくBさんは来られました。40分の遅刻でした。
Bさんは、遅れたことを謝るでもなく、早速自分の話を始めたそうです。

Bさんは、その次も、そのまた次も、30~40分は毎回遅刻をしてきたそうです。

それから数か月が経った頃、Bさんにある問題が起こったことでAさんがBさんの自宅へ訪ねて行ったところ、部屋の中は荒れ放題で足の踏み場もなかったそうです。
その後、Bさんは仕事も続かなくなって、辞めてしまったということでした。

このことをAさんは、「一時が万事、だらしない性格というものは多方面に影響しますね。その性格で自分の首を絞めることになるとは、Bさんも思ってもみなかったことでしょう」とおっしゃっていました。


性格というものはそう簡単に変わるわけではありませんので、些細なことから一事が万事、同じことをやっていると見られやすいものです。

その人の言動をよく観察していると、他のことでも同じように言ったりやったりしている場合が多々あります。

私は仕事で面接や面談を行いますが、言葉やしぐさ、癖などでその人がどんな性格なのかがわかる時があります。その上で質問をするようにしています。

「一つのことでも、全体が見えることもある」というお話でした。


もうすぐ新年度が始まります。

昨日まで認可保育園の資料の訂正をしたり、役所や行政書士とのやり取りをしていましたが、やっと締め切りに間に合い全ての書類が終わりました。

今年度は小規模認可保育園の開園から始まり、3月の監査、本園認可化移行のための増改築工事、認可申請書類作成、消防や建築確認申請等、本当に目まぐるしい1年でした。

3月の仕事はまだまだ終わりません。
2か所の決算、来年度の収支予算作成、補助金申請、認可化移行保護者説明会、学童入会説明会、卒園式、入園準備等、やることが山のようにあります。
チームワークで乗り切っていきたいと思います。


子どもが好きでやり始めたこの仕事ですが、こうして私の仕事内容を見ていくと、子どもと触れ合うことよりも書類作成や管理、職員教育等が主な仕事になっています。
経営者とはそういうものですね。
私の夢を後輩たちが引き継いでくれています。
その様子を見ているのが、今の私の楽しみでもあります。

起業してから10年。
試練は数えきれないくらいありました。
例え好きなことでも、やり続けるのは至難の業ですね。
組織が大きくなればなるほど、守り続けることも大変になってきます。

だから、私は創業者なんです。
創ったものの責任があるから、覚悟をもってこれをやる。
言いだしっぺは私ですから、やめるわけにはいきません。

でも、がむしゃらにやってきたわけでもないのです。
いつも、あせらず、くじけず、くさらずに、
適度にいい調子でやっています。

トップはいつも心に余裕が必要だと思います。
心に余裕を持つために、忙しい中でも遊び心や前向きな考えを持つようにしています。

わからなくなったときには、元を辿るようにはじめの時を思い出すようにするといいです。
くじけそうなときって、初心を忘れかけたときなのだと思います。

物事の本質を見極める心を持っていると、迷わない、悩まない、くじけない強さが身につくようです。
「何のためにこれをやろうと思ったのか?」が大事ですね。
いつも自分に言い聞かせています。

私はよくいろんなところに行ってリサーチをします。
流行、子育て、仕事、遊び、家庭、建築物、不動産等、 
違う視点を持つことが時々必要になるからです。

長く同じところにいる人は、時々外を見てみるといいですね。
自分とは違う生き方をしている人を見たり、違う世界を見てみると、自分の置かれている場所がよくわかるものです。

あせらず、くじけず、くさらずに、
時々休みながら、でも歩みを止めずに、
これからも確実に前に進んでいきたいと思います。

昨日は、幼児のママさんに私の子育て中のことを聞かれ、その流れで
自分の生い立ちから会社設立までのことを熱く語ってしまいました

過去を話しているうちに、その当時は苦難だったことも
今となっては良い思い出になっていることに気が付きました。

忘れていることも多々ありますが、ここまでこれた理由は、
自分にできないと言い訳をしないことだったような気がします。
  
時間がない…  お金がない…  人脈がない…
学歴がない…  自信がない…  経験がない…
資格がない…  などなど…。

このようなことは、きっとそれができない根本的な原因ではないと思います。
‘やる気があるのか、ないのか‘の理由の方が大きいのではないかな?

本当にやりたいことなら「どうすればできるかな?」と考えます。
「いつならできるか?」「成し遂げるために今何が必要なのか?」を具体的に考えることで達成しやすくなります。

そして、何かの理由があってできなかったら、「できない」とは考えず、
「今は無理だが、1年後ならなんとかなる」とか、
「このやり方では上手くいかなかったが、他の方法でやってみればうまくいくかも」など、
できないことがあったら、必ず代案を考えます。

「できない」の言葉が増えてくると脳もそれに反応し、できない理由を探すから、
結果として”できなかった”ことになります。

言い訳が多くなると、人の助けも得られなくなる可能性が大きくなりますね。
言葉通り、目標も夢も達成できなくなるかもしれません。

言い訳は癖になってしまうことがあります。
自分は前向きな言葉が多いか?後ろ向きの言葉が多いか?と
自分の言葉に意識をしてみたら、ハッとする時があるものです。

自分の言葉を聞いて判断するのは自分ではなく、
周りの人たちだということを忘れてはいけないのだと思います。

本当に自分がやりたいこと、やらなければならないことは何か?
それはいつまでに達成させたいか?
そのためには今何をしたらいいのか?

これが自分にとって、一番必要な考えだと思います。