以前、小学4年生のお母さんからこんな相談をされました。
「うちの子って素直に親の言うことをきくので、中学になったら反抗するんじゃないかと思うと、がまんさせるのもいけないんじゃないかって思って…」とのことでした。

『いい子のツケ』という言葉が随分前から言われていますね。
一見いい子に見えても、大きくなって不登校になったり、非行に走ったりする子のことです。そのような子になるのではないかと心配されているのです。(そうなった時はなった時、と思っている私ですが…)

私が、「親の言うことをきくのはいいことじゃないですか?うちの子は言うことをきいてくれますよ。それも喜んで」と言いますと、「え?」というような顔をされていました。
まだ小さいから、男の子だから、一人っ子だからと言うことをきかない子を「子どもだから当たり前だ」と思っている風潮がありますね。それも事実ですが、程度問題です。言うことをきかせたいことが親の我ではなく、子どもに愛情を持って行うことならそれは必ず伝わり、親の言うことをきくものです。

経験の浅い先生や保育士の中には、
「○○ちゃんって、わがままも言わないでいい子過ぎるんじゃないですか?」
と保護者に言われる人もいるようですが…。
最近は、いい子のイメージがあまりよくないためのものなのでしょう。
確かに、小さい頃から言いたいこと、やりたいことをがまんして、思春期になって反抗する子や不登校になる子もいますが、言うことを聞かせることと、無理やりがまんさせることは違います。その子を見て、無理して言うことをきいているのでなければ、問題はないのだと思います。

そもそも、冒頭のお母さんの悩み自体が、いいお母さんだという証拠なのではないでしょうか?本当に親の都合で子どもに我慢させていることが問題なら、そういう人は悩み相談に来ることは少ないかもしれませんね。


こんなとき、あなたならどうしますか?

・病院の待合室で「お菓子食べたーい。ジュース飲みたーい」とだだをこねる
・レストランで走り回る
・買い物に連れていくと、お菓子を買ってくれと泣いてわめく
・電車の中で靴を履いたままで座席に上がる

親の言うことをきかせるということは、社会のルールを教えることであり、大人をバカにしないことを教えることなのだと思います。親が子どもの言いなり、機嫌取りをしていたら、子どもは益々言うことをきかない子になるのではないでしょうか?


私は結婚して間もない頃、違和感のある子育てを見ました。
それは、主人の上司のお家に食事に呼ばれて行った時のことです。
部屋に入るなり、びっくりしました。部屋の壁中、クレヨンの落書きだらけなのです。
ガラスも、鏡も、テレビもクレヨンで塗りつぶされていて、それは異様な光景でした。
3歳の一人っ子の娘さんは、お客さんが来ていても平気で走り回り、「ダメだよ」とお父さんが言い聞かせても言うことをききません。御両親とも「子どもだから、仕方ないよ」というのです。

私は内心、「それは違う」と思いました。躾の問題もありますが、親の言うことを聞かせることをしなければ、この先、この子はいったいどうなっていくのだろう?と思ったものです。
案の定、わがままな子に育ってしまったようで、随分手こずっていることを後で聞きました。

親の言うことをきかせることは、子どもにとってとても大切なことです。
生活・学習の習慣付け、躾、挨拶、ルールなど、生きていくために必要なことがたくさんあります。それをキチンと教えていかなければ、困るのは子ども自身です。

「親の言うことをきかせることはいいこと?」そう思っている人がいたら、「親の言うことをきかない子になったらどうなる?」と考えてもらいたいです。

ただし、子どもが親の言うことをきくのは、信頼関係の上で成り立つものだと思います。
何事も親子の絆が基盤ですね。


子ども・子育て支援制度からの流れで平成28年度から始まった新制度が、
仕事と家庭の両立支援制度』です。

先日、行政職員さんとの打ち合わせの中でも、「妊娠中から就学後までの切れ目のない支援をやりなさいと国から下りてきているので、市もそれに向けて対策を講じている」とのお話がありました。また、行政レベルだけでなく民間の力をお借りできないかとも考えているようでした。

仕事と家庭の両立を支援するためには保育園との協力が必然的になってくるでしょうから、私たち事業者も制度を活用できるようにしたいと考えています。

また、子どもが生まれても働きたい方は、新制度を利用すると良いと思います。

制度を勉強する良い機会になればと思い、
今日は、仕事と家庭の両立支援の概要をご紹介します。


仕事と家庭の両立支援対策の概要

≪法律に基づく両立支援制度の整備≫

妊娠中・出産後の母性保護、母性健康管理
(労働基準法、男女雇用機会均等法)
 ・産前産後休業(産前6週、産後8週)、軽易な業務への転換、時間外労働・深夜業の制限
 ・医師の指導等に基づき、通勤緩和、休憩、休業等の措置を事業主に義務づけ
 ・妊娠・出産を理由とする解雇の禁止等

育児休業等両立支援制度の整備
(育児・介護休業法)
 ・子が満1歳(両親ともに育児休業を取得した場合、 1歳2ヶ月=“パパ・ママ育休プラス”※)まで(保育所に入所できない場合等は最大1歳半まで)の育児休業
 ・子が3歳に達するまでの短時間勤務制度、所定外労働の免除※
 ・育児休業を取得したこと等を理由とする解雇その他の不利益取扱いの禁止 等

※平成21年7月1日公布の改正法により拡充。
(施行日:原則として平成22年6月30日。ただし、一部の規定は、常時100人以下の労働者を雇用する事業主については、平成24年7月1日。)

≪両立支援制度を利用しやすい 職場環境づくり≫

次世代法に基づく事業主の取組推進
 ・仕事と家庭を両立しやすい環境の整備等に関する行動計画の策定・届出・公表・従業員への周知(101人以上は義務、100人以下は努力義務)
 ・一定の基準を満たした企業を認定(くるみんマーク)
 ・認定企業に対する税制上の措置

助成金を通じた事業主への支援
 ・短時間勤務制度の導入など、両立支援に取り組む事業主へ各種助成金を支給

表彰等による事業主の意識醸成
 ・仕事と家庭のバランスに配慮した柔軟な働き方ができる企業を表彰(均等・両立推進企業表彰)
 ・両立支援総合サイト「両立支援のひろば」による情報提供
 ・両立支援の取組をより効果的に推進するためのベストプラクティス集の普及

≪その他≫

長時間労働の抑制、年次有給休暇の取得促進等全体のワーク・ライフ・バランスの推進

男性の育児休業取得促進等男性の子育てへの関わりの促進(クメンプロジェクト)

保育所待機児童の解消・放課後児童クラブの充実、
ファミリー・サポート・センター事業

子育て女性等の再就職支援(マザーズハローワーク事業)

希望する方すべてが子育て等をしながら安心して働くことができる社会の実現
女性の継続就業率 38%(平成22年)→50%(平成27年)→55%(平成32年)
男性の育児休業取得率 2.63%(平成23年)→ 8%(平成27年)→13%(平成32年)


詳しくは、厚生労働省HP(「両立支援ハンドブック」、人事院作成)をご覧ください。


自分の金銭感覚って、いつ頃、どこで、どうやって身についたか覚えていますか?

一般的に、金銭感覚が身につくのは、小学生(7~12歳)の頃だと言われています。
子どもが小学生になると、親御さんからのお小遣いについての質問が多くなります。
・お小遣い制にした方がよいか?
・お小遣いはいくら?いつ渡す?
・報酬制のデメリットは? 等…。

家庭の事情や子どもの性格によって、お小遣いの金額やルールは違ってきますが、
お金の教育って学校ではやりませんから、家庭で教える必要があります。

金銭感覚って、大人になってからでは磨けないそうですから、
金銭感覚の土台は小さい頃から身につけてほしいなと思います。

参考までに、我が家のお金の教育法をご紹介したいと思います。
(あくまでも我が家の事例ですので、ご自分のご判断でお願いします)

・お金をあげるタイミング
小学校時代は、子どもが「お小遣いちょうだい」と言ったときにあげていました。
買いたいものがある。友達と遊びにいく。学校で必要等の理由のある時にお小遣いをあげるようにしました。
どこかへ遊びに行ったときや学校のバザーの時など、300~500円をあげて自由に使わせていました。何を買っても、口を出しません。本人がくだらないものを買ったと後悔することもありましたが、無駄遣いをさせることもお金の勉強だと思って自由にさせていました。

・お小遣い制にしたのは?
高校生になってからです。
それも、4人とも時期が違いますし、金額も違います。
長女と二女は、高校生になってアルバイトをしていたのでお小遣いは自分で稼いでいました。
長男と二男は高校生になってからお小遣い制にしました。部活でアルバイトが出来なかったので、自分からお小遣い制にしてほしいと言ってきました。

お小遣いを定期的にいくらあげなければならないとか、皆がもらっているからとか、そういうことはあまり考えませんでした。ただ、必要以上に多くあげることはしないようにしていました。

報酬制は小さいころにはやりませんでした。
家族の一員としてお手伝いができるようになって、自分が役に立つ喜びを知ってから、報酬制を取り入れるようにしました。そうでないと、「お金をくれないとお手伝いしない」という考えになってしまうおそれがあります。

高校生になれば、アルバイトの経験もありますので、報酬制にしてもいいかなと考えました。
高校生で部活をしていると、お小遣いだけでは足りません。
部活の備品、遠征代、交通費、お昼代等は、お小遣い以外で渡しました。

まとめると、
・幼児から小学低学年では、多くお金を与えすぎない。
・子どもがお小遣いをほしいと言ってきたときに与える。
・無駄遣いもお金の勉強だと思って、お小遣いの使い方に口を出さない。
・高校生になってからのアルバイトは、自分で稼ぐということを経験できる。
我が家では、このような感じでした。

現在、
長女は、結婚し子どもが生まれ親になり、昨年、夫婦で家を買いました。
二女は、就職して都内まで通勤し頑張って働いています。
長男は、高校を卒業後、消防士になりました。
二男は、4月で高校3年生になります。9月の公務員試験を目指して勉強中です。

金銭感覚って将来に大きく影響するものですから、
家庭でしっかりとお金の教育をしていただければと思います。

子どもが2~3歳頃からママたちが悩むことと言えば、イヤイヤ期。
いたずらも盛んになり、言葉も喋れるようになると悪態もついてくる…。
可愛かった赤ちゃん時代とは違ってきますね。

この時期から子どもの叱り方について、多くの親御さんが悩み始めます。
そして、この悩みはなかなか人に相談しにくいと思っている方も少なくないようです。

それでは、どんなことで悩んでいるのでしょう。
 ・叱り方がわからない
 ・許容する範囲と叱る基準がわからない
 ・カッとなって怒鳴りつけてしまう
 ・叱った後のフォローがわからない  
 ・何度も叱るが効果がない
 ・叱っても響かない
 ・泣かれるのがいやなので叱れない
 ・叱ることはいけないことではないかと思ってしまう
 ・怒りすぎて後悔する
 ・夫婦で子育ての考え方が違う
 ・夫が怒鳴りつける
 ・祖父母が甘やかすので、子どもが親のいうことをきかない  等…。

初めての子育てに手探りで、四苦八苦しているのがわかります。
でも、子育てで悩まない人はいません。自分ひとりが悩んでいるのではないと知るだけでもホッとしますね。

叱り方については、お子さんの性格などを考慮することが大切です。
強く叱っても大丈夫な子もいれば、ダメな子もいます。
自分の子どもがどんな性格なのかをよく観察してみてくださいね。

そして、自分はどんな時によく怒りたくなるのかも考えてみましょう。
 ・朝夕の忙しい時間帯にイライラする
 ・生理前に不安定になったり怒鳴ることが多い
 ・体調が悪いとき
 ・気持ちに余裕がなくなったとき
 ・人間関係で嫌な思いをしたとき
 ・不安やストレスがピークになったとき
 ・話をする相手がいないとき  等…。

自分はどんな時にイライラして怒りたくなるのかを知ることで、回避できることもあります。

また、発達の段階の場合や生活面での問題もあります。
 ・子どもの自我の芽生え
 ・イヤイヤ期や反抗期
 ・子どものストレス
 ・遊びが足りない、運動不足
 ・生活時間の乱れ
 ・栄養バランスの乱れ 等…。

生活を見直す良いきっかけになると思って、改善してみましょう。
自分でできない部分は、祖父母や保育園の一時保育に託してみることも必要ですね。

叱り方の方法については、知識の問題です。
今の時代、ネットで「子どもの叱り方について」を検索するとたくさんできます。
やり方がわからなかったら、とりあえず調べてみるようにするといいです。
必要であれば勇気を出して専門機関に相談してみてくださいね。

今は市町村でも、気軽に相談できる窓口があります。
必要があれば、幼児教室や言葉の教室にも参加できます。
私は、大網白里市が行っている各幼児教室を見学しましたが、
どの教室も楽しそうに親子で参加されていました。
内容もとても充実していて、信頼できる保育士さんや保健師さんも多いです。
子育ての専門家が近くにいてくださるととても安心です。

わからなくなったら、とりあえず聞いてみること。
それでもわからなかったら、わからなかったと聞いてみること。
子育ての知識は、求めなければ入ってきません。

子育て支援センターでも相談できますので、
子育てに悩んだらいつでもご相談していただけると嬉しいです。

公園や保育園などでの子ども同士のトラブル、ケンカ、噛みつきなど…。
小さい子を持つ親や保育者は、どう関与すればいいのか?
本当に迷うところですね。

小さい子どもは、はじめからお友達と上手に仲良くは遊べません。
おもちゃを取ったり、奪われたり、叩いたり、蹴飛ばされたり、噛みついたり。
少し大きくなって言葉を覚え始めると、「バカ!」「ダメ!」と言ってみたり、言われたり。その度にショックで固まったように動かなくなったり、泣きわめいたり、暴れたりしますね。これらの事は、子どもの発育段階で特別なことではありません。

ケンカをしながら、相手にも自分と同じ気持ちがあることを知り、我慢するばかりでも主張するばかりでも楽しく遊べないことを少しずつ知っていくのです。楽しく遊べるまでの段階が、トラブルになるんですね。
おうちの方は、さぞかしハラハラドキドキご心配でしょうが、どうぞ遠慮しないで担任や園長に相談してください。

どうやら、子どもというのは悪気はなくても、目の前の物事が自分に都合のいいように見えるようです。自分中心で、周りが動いてくれると思っているところがあるのですね。
ですから、相手が思い通りにならない(自分と同じくらいの)子ども相手だと、まだ上手に自分の気持ちを話せないので、かんしゃくを起こしたりするのだと思います。

しかし、『噛みつき』は気になるところです。
噛みつく子の気持ちを考えてみました。
まだ自分中心の小さい子どもですが、緊張の度合いが強いと、歯を噛みしめたり噛みついたりします。
『爪噛み』は、対人関係の緊張の表れだと言いますが、噛みつく子もまた緊張の表れかもしれません。


噛みつく子の気持ちに寄り添う

噛みつかれた子どもは、大声で泣きわめきますね。
とても痛いのです。その痛さを泣くことで表現しています。
それを見た、噛みついた方の子どもは、先生からも叱られ、「大変なことをした」と初めて自分が悪いことをしたのだとわかるのです。でも、また数日後同じことをやっています。

「どうして、また噛むの?」と言ってしまいがちですが、それよりも、悪いことだとしっかり叱った後は、「○○ちゃん(くん)、心配しなくても大丈夫だよ」と言って、しっかり抱きしめてあげましょう。
噛みつきは、緊張、不安の表れの場合もあります。
安心させることが噛みつきを減らすことになるでしょう。

そして、噛みつかれた子のケアや手当をしたら、
噛みつかれた子の気持ちを代弁してやり、
噛みついた子の気持ちにも寄り添ってあげましょう。
「イヤだったのね」「怖かったのね」「おともだちといっしょに遊びたかったのね」と言って、
噛みついた子の気持ちを理解して代弁してあげましょう。
叱られるばかりでは、また同じことを繰り返します。
愛情を持って、『叱ると認める』ことのメリハリをつけてくださいね。

どの子もいい子です。この世に悪い子なんていません。
悪い行いの裏には、必ず理由があるのです。
「あなたはなんて悪い子なの!」
「何度言ったらわかるの!馬鹿じゃないの!」
と言うのは、子どもの人格を否定する言い方です。
それでは、子どもは「自分はバカで悪い子だ」と思ってしまいます。

悪いことをしたら、悪い行いを叱ればいいのです。
そして、なぜその子は悪いことをしたのか、
その理由を理解してほしいですね。