NPO法人民間児童館おおきなかぶを設立して、今年4月で10周年になりました。
これもひとえに、関係者の皆様、保護者の皆様、地域の皆様、活動を応援してくださった皆様方のお陰様です。心より感謝申し上げます。

今振り返るとあっという間の10年間でしたが、当時は右も左もわからずにやっていたことを思い出します。

おおきなかぶを設立する前、私は11年間暮らした所沢から、誰も知り合いのいない大網に引っ越してきたばかりで友達もいませんでした。当時末っ子は3歳。(私は37歳)友達作りをしようと思っても、当時は今のように子育て支援センター等の子育て支援が充実していませんでしたので、親子が集まって活動できる所があまりありませんでした。
公園へ行っても親子の姿は少なく、「所沢へ帰りたい…」と何度も思ったものです。

悶々とするうちに、「そうだ、居場所がなければ自分で創ろう!」と思い立ち、子育てサークルを立ち上げようと末息子を自転車の後ろに乗せてチラシを作って近所を回り始めました。
公園などで配ってもまったく相手にもされず、地域の家を一軒一軒訪ねても、セールスと間違われてインターフォン越しに怒鳴られたり、犬に吠えられたり…。
友達が出来たかと思えば、面倒くさいことがあると去っていく…。
しばらくはそんな繰り返しでした。
今となってはいい思い出ですが、相当落ち込んだ時もありました。

でも、
「私と同じ寂しい子育てをしている人がいるに違いない」
「人からバカにされようが、笑われようが、その人に出逢うまで続けていこう」
と思っていたから、やってこれたのだと思います。


当時、私がやっていたことは、傍から見ると本当にバカげたことのように思ったことでしょう。お金にも得にもならない面倒なことをずっと続けていたのですから。
でもそれは、現在のNPO法人民間児童館おおきなかぶの基盤となっていきました。
あの時に諦めず続けてこれたから、笑顔のあふれる今日がここにあると心からそう思っています。

今思えばあれが苦労だったのでしょうが、当時も今も苦労と思ってはやっていません。
苦労と努力の違いは、目標があるかないかの違いなのかもしれませんね。

どんな活動においても、構想を明確に持つことが目標達成につながるのだと思います。
そのための行動であったら、人から笑われても続けていくことができます。

私は、過去に苦労したことの何十倍もの成功やしあわせを、今みんなから貰っています。
これからもきっと良くなっていくと想像します。

人からバカにされても、笑われても、
自分の人生は自分で責任を持って、やりたいようにやればいいのです。

人は自分を縛るものからふっきれた時、自由になれるのだと思います。
自分を縛っているものとは、自分自身の『考え方』です。

自分にウソはつけないものです。
自分に正直になれたら、やるべきことが見えてきますよ。


今月は、総会があります。
今年は正会員も増え、活気にあふれています。

20周年を目指して、これからも地域のお役にたてるNPO活動を行っていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。

昨日は、ありんこ親子保育園のぞう組(4・5歳児)園児と、ありんこ農園で苗付けをしてきました。
t02200147_0448029913921889406.jpg
o0448029913921895970.jpg
o0448029913921897895.jpg
今日から本格的に子ども達と農園のお仕事を行いました。
すでに畑は前もって耕して肥料をいれてありますが、
雨が降って土が固くなっていたので、鍬を持って耕すところから始めました。
はじめは先生と一緒にやって、それから自分ひとりで挑戦。
今日は初めてだったので、嫌がる子がいるかな?と思ったのですが、
そんな心配は無用でした。
園に帰るなり「先生、楽しかったね。また行きたいね」「お野菜大きくなるかな」と、
とっても楽しかった様子でした。
先生たちも、可愛い子ども達と一緒に畑仕事ができて、本当に楽しいひと時でした。


うさぎ組(2歳児)&きりん組(3歳児)でも、園内の畑で苗付けを行いました。
o0448029913921947031.jpg
o0448029913921947701.jpg
「おおきく、おおきく、おおきくな~れ!」
子ども達もおおきくな~れ!

これから毎日、子ども達と一緒にお水をあげて大切に野菜のお世話をしていきます。
今から収穫が楽しみです。


園長をしている自分が言うのもなんですが、
こんな保育園っていいな…。

農業体験というだけでなく、食育という理由ではなく、
自然や働くことが当たり前に生活の一部になっているんですよ。
都会の子から見ると、なんて恵まれているのかと思いますね。

毎日、明日が来るのが楽しみな保育園って、素敵だなと思います。

これは、ここで働く大人の私たちも同じです。
明日の楽しみがある人は、それだけで幸福なことですね。

今でも、「今日は何をしようかな」と思うと、ワクワクした気持ちになります。
気持ちが明るいと、明るい出来事が起こっているようです。
朝も早く目が覚めます。

長生きの人は、早起きの人が多いそうですよ。
朝日が昇るときに考えたり身体を動かすことは、心身ともに健康だからできるのでしょう。
夜型の人は、明日を楽しみに早く休むようにして、物事は日が昇る朝に考えるといいですね。

子どものころから早寝早起きの生活習慣を身につけて、働く喜びや考えて行動するたくましい子どもに育ってほしいなと思います。
そんな願いを抱きながら、今日も畑仕事に励んでいきたいと思います

昨日のブログでは「心と体の疲労チェック」をご紹介しました。
今日は、メンタルヘルスで気をつけなければならない点をご紹介します。


心の不調は異常なの?

あなたは、学校や職場で精神的に悩んでいる人になんと声をかけていますか?

「学校や会社へ行きたくないの休みたい」と言われた時に、ほとんどの人は、
「そのくらいのことで悩んでいないで、しっかりしなさい」
「なまけないで行きなさい」
「くよくよするなよ。一緒に飲みに行こうぜ」など、
元気づけようと励ましたり、叱咤激励することが多いのではないでしょうか。

では、風邪で高熱がある人にはどう言いますか?
「無理しないで休みなさい」
という人がほとんどではないでしょうか。

この違いはどこからくるのでしょうか?

一言でいうと、心の病気を特別視しているということです。
私たちの心は、風邪を引くのと同じように病気になることもあります。
風邪を引いたら休養をとって、栄養のあるものをとる必要がありますね。
心の病気も、風邪を引いているのと同じ状態なのです。

高熱のある人に、
「身体の鍛え方が足りないのだ。今からマラソンするぞ!」
と誘う人は誰もいいません。
心が病気の人に、
「そんなことで落ち込んでいないで、飲みに行くぞ」
と誘うのは、高熱のある人をマラソンに誘うようなものなのです。
ですから、心の不調を感じている人は休息をとる必要があります。

しかし、心が不調を感じた時に、休息を取ったり、気分転換できない人も少なからずいますね。そうした人が心の病気にかかりやすい人なのだそうです。

また、いくつかの実験や研究などから、心の病気は特殊なものではなく、誰にでもかかる可能性があるそうです。

上司が、部下が、同僚が、
夫が、妻が、子どもが、
自分が…、
いつ心の病になるともわかりません。

いつも前向きに見える人が、「自分は大丈夫」と思っていた人が、心身症やうつ病になったりしたケースは多々あります。若い頃は忙しいですし、まだ体も元気ですが、齢を取って体が思うように動かなくなったり、病気になったり、引退した後や人間関係が悪化してきたりした時などに、それまで感じたことのない喪失感やストレスが襲ってくるようです。
真面目で几帳面な頑張り屋さんは、少し息抜きしたり、思っていることは口に出して発散するように心がけましょう。

すでに心の病気にかかってしまったと思われる人は、勇気を持って専門医に相談するか、一度、メンタルヘルス専門のカウンセリングを受けてみましょう。

ウツだと診断されたら、薬を処方してもらえます。
風邪の時には風邪薬を飲みますね。
それと同じで、ウツの時も処方された薬をキチンと飲んだ方がいいそうです。

誰にでもなる可能性があるのですから、
自己判断で心の病を悪化させないようにしましょうね。

新年度が始まり、少しずつ新しい生活にも慣れてきた頃ではないでしょうか。
ホッとすると訪れるのが、”疲労”です。

始まった当初は緊張しているので気力で乗り越えてこられましたが、
慣れてくると、不調が出てきやすくなるので気をつけなければなりません。

体の疲れは休めばある程度とれますが、心の疲れは知らず知らずに溜まっていくもの。
自分の現状をみつめて、対処したいものです。


あなたは最近、疲れたと感じることはありませんか?

疲れた心も休ませなければなりません。
「休む」と言うことは、「疲れ」と対になった行為です。
疲れを取るために休む、疲れないために休んでおく、ということです。
そのためにはまず、自分がどのくらい疲れているのかということを知っておく必要がありますね。

≪疲れの水準を判定する目安≫
ここ1か月、あなたは通常の仕事、学業、家事が、

レベル0・・・障害なくできる
レベル1・・・できるが、少しつらい
レベル2・・・休養をとるほどではないが、手を休めつつどうにかなっている
レベル3・・・数日臨時休暇を取って、家で休養が必要
レベル4・・・週に数日は臨時休暇を取って、家で休養が必要
レベル5・・・全くできず、家でほとんど横になって過ごす生活をしている

※明確な身体的な病気にかかっている場合は、この水準表は通用できません。
(厚生労働省採用基準を基に作成したもの)

レベル3以上になるとかなり疲れが溜まっている状態で、慢性化している可能性があるそうです。ここでしっかり疲れをとっておくことで、季節の変わり目の初夏を乗り切る力になりますよ。

自分の疲れレベルを確認して、
疲れていたら、早めに、ちゃんと休むように心がけましょう。

自分が思っていることは、言葉にしなければ相手には伝わりません。
反対から言えば、伝わらなければ思っていないのと同じです。

言えない、伝わらない…と思う前に、伝える努力をしているか?
伝える努力もしてないのに、わかってもらえないと嘆いてはいないか?

これは、言った、言わない、ということではなく、
日頃からコミュニケーションをとっているかということが大切だと思います。

相手にちゃんと理解してもらうためのコミュニケーションスキルを持っているかという問題にもなってきますが、伝えられない人というのは、「自分のことをわかってくれない」と考えてしまう人が多いようです。
しかし、その原因は他人ではなく、往々にして自分自身の中にあることが多いようです。日頃から伝えることのできている人は、あまりそのような考えにはなりませんね。

人間関係がうまくいかない人(自分自身に問題があった人)を見ていて思うのは、伝える方法が限られていて、他の手段を使わない、または知らない人が多いのではないかということです。これが直接的、間接的に「人間関係」に影響しています。

そして、このような問題を持つ人の根本にあるものは、「自信のなさ」だったり、「自己評価(自己肯定感)の低さ」だったりします。

これって、元をたどれば乳幼児期のアタッチメント(愛着)の形成に関係しているのではないかと、私は疑問を持っています。自己評価(自己肯定感)とは、愛着形成により育つもので、概ね3歳までに育つと言われていますから、その人たちが幼少期にどのような育ちをしてきたか、実母との関係はどうなのか、なんて思ってしまいます。職業病ですね。

話は戻って、
思っていることがあったら、相手に伝わるように自分の言葉で話をしてみることが大切です。
相手がどう思うかは、相手の問題です。答えは相手に任せることです。

事と場合にもよりますが、
私は言わないで伝わらない方が、悪い結果になることが多いような気がします。

伝える努力はした方がいいと思いますが、
いかがでしょうか?