私は、「適当」という言葉をよく使いますが、
「適当に」とは、「ほどほどの加減で」とか、「適度にちょうどよいところまでやる」ということで、「いい加減」という意味に捉えられると全く別の意味になってしまいます。

「適当」という言葉の意味は、
1. ある性質・状態・要求などに、ちょうどよく合うこと。ふさわしいこと。
2. 度合がちょうどよいこと。
というように、「適切かつ妥当」を省略された言葉で、本来いい意味で使われるものなんですね。


さて、適当の言葉の意味はこれくらいにして、
保育の現場では、この「適当」がとても重要になるので、今日はそれについてお話ししたいと思います。

これはあくまで私の考えですので、大規模園では通用しないかもしれませんが、
保育士さんたちのご参考になればと思います。

子どもたちを見るときに、一番気を付けなければならないことは安全面です。
しかし、子どもは気を付けてみていても、転んだり、かんだり、叩いたり、蹴ったり、投げたり、予測不可能な行動をとったりするので、プロの保育士であっても全て防ぐことは不可能に近いです。

勘違いしている親御さんも中にはいらっしゃいますが、子どもはケガをさせないように育てるのではなく、子どもはケガをするものだということを前提に考えなければなりません。でなければ、ケガをさせないようにするために遊ばせられなくなります。
それでは、子どもは遊びから様々なことを学べなくなり、益々ケガを回避する力が育たなくなります。もっと大きなケガをすることにもなりかねません。

子どもはケガをするものですが、大けがをしないために”適当”にやるのです。

保育現場では、子ども一人ひとりに関わることはとても大事なのですが、一人に集中してしまうと他の子どもに目が行き届かなくなってしまいます。
だから、ここです!ここ(個々)の適当さが大事なのです。

一点集中するのでなく、全体を見ながら適当に個々に関わることで、安全面と個別対応ができるのです。力を入れるところも一点ではなく、適当に分散させます。
それを保育士チームで行うのです。

保育士同士で声を掛け合って、適当に分担します。
ちょうどよい位置について、子どもたちを見るのです。
この時も、適当に全体&個々を見ながら行います。

保育士は、子どもたちとほどよく関わるのです。
関わりすぎてもよくありません。
子どもが先生を求めていないのに、先生が先回りして声をかけても子どもの集中力を妨げるだけです。声をかけることも、ほどほどでいいのです。できれば声をかけないでいてあげた方がいいときもあります。反対に声をかけなければならないときもあります。それも、その場の適当さが大事です。

また、保育士は、しゃべりすぎても、一生懸命にやりすぎても、真面目すぎても、
”過ぎたるは猶及ばざるが如し”です。

やはり「適当に」、「ほどほどに」が、保育の鉄則ですね。

大人が何でもやりすぎると、子どもの伸びようとする芽が摘まれてしまいます。
伸びる芽を摘むことなく、栄養と水とお日様の光を適当に与えるように、
バランスよく育てることが大切なんだと思います。

初めての育児に戸惑いながら赤ちゃんを抱えて試行錯誤しているママたちを見るたびに、赤ちゃんにやっていいこと悪いことを教えてくれる人が身近にいないことがとても気になっています。

ママたちが良かれと思ってしていたことが、実は赤ちゃんにとっては生命の危険に及ぶほどやってはいけないことだったり、怪我や事故が起こる恐れがある、ということがたくさんあります。

今日は、育児でやってはいけないことをまとめてみました。

うつ伏せ寝
うつぶせ寝は、乳幼児突然死症候群(SIDS)との関連性が指摘されています。まだ上手に首を動かせない赤ちゃんが柔らかいお布団の上でうつ伏せ寝した場合、鼻や口にお布団が当たって窒息する可能性もあります。うつ伏せ寝をさせるときは固い布団で寝かせ、決して目を離さないようにしましょう。

赤ちゃんを暖めすぎない
風邪を引かないように布団をかけてあげたり暖房をつけて、少しでも暖かくしてあげることがあると思います。しかし、赤ちゃんを暖めすぎることは危険です。赤ちゃんは呼吸中枢が未熟なため、呼吸が不規則になることがあります。
通常は自力で呼吸を再開しますが、眠った時に服を着せすぎていたり、布団をかけすぎていると、体温が下降しないため、この呼吸中枢の応答が低下し、無呼吸状態からの回復が起こりにくくなります。こまめに室温を調整したり、赤ちゃんが汗をかいていないかチェックしてあげることが重要です。また、赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、大人よりも1枚くらい服が少なくても平気ですのでその点も注意してください。

強く揺さぶる
「乳幼児揺さぶられ症候群」という言葉をご存知でしょうか?
赤ちゃんをあやす時によくされている「たかいたかい」ですが、それだけでも赤ちゃんにとっては深刻なダメージとなることがあります。 身体が強く揺さぶられることで脳が頭蓋骨の中でぶつかって、脳にダメージを受けることです。これにより脳に障害が出たり、寝たきりになってしまう赤ちゃんもいるので注意が必要です。
まだ首が座っていない時期には絶対やってはいけないことですが、大きくなってからも首を支えてあげるなどして充分気をつけましょう。

首への強いマッサージ
幼児・乳児にやってはいけないマッサージ一です。首ひねり死亡例もあるので絶対にしないでください。赤ちゃんの首を強く動かすことは頚椎を痛める恐れがあります。これにより、10〜20秒くらい無呼吸になることがあります。赤ちゃんは首の延髄にある呼吸中枢が未熟なため、このようなことがよく起こります。0歳児が不慮の事故で亡くなる場合、その原因は「窒息」であることが最も多いのはこのためです。

ベビーマッサージのやりすぎ
ベビーマッサージでついついやりがちなのが、1日に全身のマッサージをやってしまうこと。
マッサージ自体は親子の触れ合い(スキンシップ)ですので大切なことなのですが、全身を一気にマッサージしようとはしないでください。相手はまだ乳幼児です。大人の感覚でマッサージをしていては負担になることも多くあります。疲れの原因にもなりますので、1日に行うマッサージは部分的に短時間でやさしく行うようにしましょう。

手首や腕だけを持ち上げない
小さい子どもは間接が外れやすいので、脱臼する恐れがあります。手首や腕だけを持って強く引っ張らないようにしましょう。抱っこするときは手首や腕をもって立ったまま抱っこしたりしないように、脇の下に手を入れるようにして抱っこしてあげましょう。

子どもだけを残して車から離れない
悲しいことに毎年子どもの車内放置事故が起こっています。親が「ちょっとだけ」と子どもを車中に残し、その結果熱中症で死なせてしまったり、子どもが自分でドアを開けて外に出て事故にあう、誘拐など、少しの時間でも絶対に子どもを車内に残して車から離れないようにしましょう。

入浴中に首浮き輪を使わない
入浴時に赤ちゃんが喜ぶ首浮き輪。
楽しそうにしてくれるグッズですが、目を離すと大変危険なことになります。首浮き輪は、C型になっているため、首から抜けて溺れてしまう可能性があります。消費者庁からも注意を呼びかけているので、できれば使わない方が賢明です。

抱っこひもからの落下
外出時に便利な抱っこひも。人通りが多いところや階段も歩くことが出来るので、外出時の必需品だと思います。
しかし、絶対に安全だと過信してはいけません。抱っこひもを使用している時に赤ちゃんが落下する事故が後を絶たないため、東京都は利用者に対し注意を呼びかけています。また、人気メーカーの抱っこひもは残念ながら偽物が出回っています。
偽物は赤ちゃんを守るベルトの部分がゆるみやすかったり、バックルがはずれてしまうことがありますので大変危険です。物ブランドに騙されず、安全点検もきちんとされている本物を買うようにしましょう。

1歳以下の子どもに蜂蜜を与えない
蜂蜜(はちみつ)といえば、砂糖よりも健康的に天然の甘味を摂取できて、栄養もたっぷりだというイメージですが、1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけないと言われています。ボツリヌス菌は食中毒の原因菌として有名ですが、1歳未満の赤ちゃんは体内にボツリヌス菌が侵入したら、抵抗もむなしく菌が増殖する可能性が非常に高く危険です。昨年、離乳食に蜂蜜を使い、乳児が「乳児ボツリヌス症」を発症して死亡した事例もあります。厚生労働省は1987年から、1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう指導しています。

2歳以下の子どもに井戸水を調乳に利用しない
ボツリヌス菌の存在は井戸水でも発見されています。
調乳には井戸水を使用しないでください。
また、井戸水や湧き水の中には、ピロリ菌も確認されています。ピロリ菌は主に2歳以下の子どもの頃に感染してしまうそうです。それが大人になって、胃がんの原因菌となってしまうこともあります。不衛生な水は使わないようにしましょう。

赤ちゃんへの無表情と無反応
赤ちゃんのストレスといっても、ほったらかしにするとかご飯をあげないとか、そんな当たり前の話ではありません。それはただの育児放棄です。実は赤ちゃんや乳幼児にとっては耐え難いストレスとなっていることは、親の無反応と無表情です。日常的に育児者にこの状態が続いた場合、子どもの言葉や発達、発育の遅れなどの報告があります。
赤ちゃんだから何もわからないと思っていると大間違い。急速に脳が発達する時期です。
赤ちゃんには愛情を持って、笑顔で接してあげましょう。



現代は核家族化が進み、育児を学ぶ機会がないまま親になっている人がたくさんいます。
知らないでやっていることが、とても危険だということに気づけないことが大きな問題です。
周りで気づいてくれる人や助言してくれる人もいないまま、悲しい事故や事件が起こっています。

最低限育児で絶対にやってはいけないことは知っておいてほしいですし、
反対にもっとやらせてほしい遊びや体験もたくさんあります。

親御さんたちは育児のポイントを学び、
どうぞ親子とも健やかに過ごされますよう願っています。


今日は保育士について取り上げてみたいと思います。

保育士は保育の専門知識をもった国家資格なんですが、
実際の保育の場面においては、小さな疑問がたくさん出てきます。

学校で勉強しただけでは実際の保育現場では足りないのですね。
だから経験を積むために実習するわけですが、
頭ではわかっているつもりでも、想定外のことがたくさん起こります。

例えば、突然お友達をかんだり、突飛ばしたり、ケンカが始まったり…。
突然吐いたり、熱を出したり、ケガをしたりと事件事故が勃発するんですね。
それもいつ起こるかわからない”ヒヤリハット””が起こっています。

これは経験を積むしかないのですが、経験を積んだ保育士さえ、
子ども一人にあった関り方を常に模索しているんですね。

ですが、保育士は親ではありません。
子どもの第一責任者は保護者ですので、その旨をわきまえて保育しなければなりませんし、保護者の方も保育士に任せっぱなしではいけないのです。保護者と保育士は、共に子どもを育てるパートナーです。協力して子育て保育をする立場だということをご理解ください。

話は保育士に戻しますが、
保育士さんにもいろいろで、保育方針も園によっても人によっても異なります。
この園や保育士の保育方針でどんな子に育つのかを想像するといいと思います。

保育方針って大事なんですよ。
保育園に預けるときは、そこをよく確認してください。


これは私の考えですが、
長年、我が子や保育園・学童保育の子どもたちの育ちを見ていて思うことがあります。
「子どものためとか、可哀そうの定義って何だろう」です。

手助けしなければいけないところと、黙って見守っていればいいところ。
教えなくても学べることと、教えなければならないこと。
集団で合わせるところと、個別で対応するところ。
同意しなければならないんだけど、同意しちゃいけないところ。
のポイントがあると思います。

これはいいけど、これはいけない。
悪いことなんだけど、いいこともある。

なんだか矛盾した話ですが、要するに柔軟性が必要なんですね。
柔軟な対応ができるということは、それだけのスキルを持っていなければできません。
だから、研修で学んだり、実習で経験を積んだりするのです。
保育士は頭が柔らかい人の方が向いています。
現場では突発的のことが起こるし、時代とともに保育も変わっていくからです。

保育所保育指針には、保育士の自己研鑽のことも書かれています。
保育士は常に切磋琢磨して、自分磨きをしてほしいなと思います。

あなたは上司や同僚、家族に信頼されていますか?


仕事をしていると、信頼関係が最も重要だということがわかります。
自分ひとりでは仕事と家庭の両立はできないので、家族からの協力もないとできないことです。

「自分は信頼されているか自信がない…」 と思った人は、
どうしたら周りの人たちに信頼される人間になれるかを考えてみましょう。

私は仕事を任せる立場の人間ですから、信頼は特に重要に思っています。


人と人とが信頼関係を築くためには会話が必要です。
会話のないところに、理解は難しいです。
相手を理解できなかったら、問題の解決も難しくなります。


あなたは周りの人の考えや思いを聴いていますか?
自分の考えや思いを話していますか?


いいことだけではなく、マイナス面も上手に伝えることが大切です。
そこに体裁があってはいけません。
自分の利益のためではなく、皆がよくなるために言った言葉はキチンと話せば理解してもらえるはずです。伝わらなかったら、もう一度話すくらいの勇気があるかどうかです。
それに対して、相手がどう思うかは相手が考えることです。

心を開くこととは、相手を受け入れ理解し、一緒に進もうという意図と準備があると言うことなんですね。それを相手に伝えることが大切なんだと思います。体裁やプライド、相手がどう考えるかを気にしすぎると関係はそれ以上進まなくなります。
通じないのは、単に会話が足りないのかもしれません。

他力本願ではいけませんよ。
待っていても相手は来てくれません。
黙っていても解ってはくれません。
自分からアプローチしなければ、伝わらないと思った方がいいですね。

しがらみや執着心も、それが邪魔をして生きづらくなっているのなら、そんなものは私たちが生きていく上であまり必要ではないのかも。なくても生きていけます。それどころか、しがらみや執着心が強ければ強いほど人間関係は難しくなるのではないでしょうか。

「話す=放つ」ことでスッキリして身も心も軽くなれれば、
また新しい景色も見えてくるかもしれませんね。


今年度もあと1か月半。
教育・保育業界は、4月がスタートです。
また新しい園児が入園してきます。

新しい年を迎えるためにも古い自分は捨てて、
新しい自分になって、心機一転して迎えたいと思います。

この連休中に、娘が住んでいる地域では、子安講(こやすこう)という行事が行われたそうです。子安講は昔から関東地方に伝わっている独特の風習だそうですね。

ちょっと調べてみました。
各地区ごとの既婚の女性が集まって子安神を祀り、安産を祈る行事で、
だいたい19日に行われることが多く「十九夜講」とも呼ばれているそうです。

地域のお母様方が集まり、観音様のかけじく、人形、太鼓など地域によってお祀りするものは違うようですが、代々伝わっているものを祀り、お参りをして、お昼を食べるそうです。

お嫁さんが来ると「仲間入り」と言ってお披露目をし、お姑さんと交代するそうです。
赤ちゃんが生まれるとご祝儀を頂き、生まれたことをお披露目もあるとのこと。

最近では、時代の流れで子どもが少なくなって、縮小傾向にあるようです。
子どもが少なくなっている地域では、廃止されるところもあり、今では子安講をやっている地区も珍しくなってきたそうですね。

農家が多い地域なので、昔からご近所で力を合わせて助け合ってきたのでしょう。そんな集まりや、お祭りがある事で地域が団結しているのだなと感じます。何よりも、子どもを授かり守る神様が地域で見守っていてくださることがありがたいですね。

子孫たちのためにも、そんな素敵な風習を大切にしてもらいたいな、と思います。