小学生の子育ての相談で多いのが、『子どもの自信をつけさせたい』というもの。

母親自身も自信がなく、その結果、子育てや人間関係、仕事関係に影響が出ているというのです。「自分のようにはなってほしくないから、子どもには自信をつけさせてやりたい」と切実にいう方もいらっしゃいます。

しかし、子どもは思うようには育っていないのが現実。
自信がない子に限って、内弁慶のようです。
家では親に暴言を吐いたり、言うことを聞かないと言います。
その結果、お母さんはこれではいけないと、子どもにお説教が始まります。
でも、そのお説教が子どもの心に響いていないようなのです。

さあ、どうしたらいいのでしょうか?


自信とは、結果ですね。
自信が先に立つことはありません。
好きなことや得意なことの経験を積み上げて、自信につながるのだと思います。

往々にして親というものは、子どもの不得意なこと、嫌なこと、できないことを取り上げてできるようにしようとしますが、できないダメな自分を確認させることになってはいませんか?

子どもにとって、「正しさ」よりも「好き」の方が変われるのです。

自信を付けさせたいのだったら好きなことを思いっきりさせて、親は口を出さずに見守ることも大事です。ニコニコと笑って、冗談でも言っていたらいいじゃないですか。

こんなことを言うと、「うちの子の好きなことってゲームだから、それを思いっきりさせるというのは…」という意見が出てきます。しかし、親が”毒”と思うことでも、子どもにとっては息抜きができる”薬”だったりもします。『毒も必要』という言葉もあります。悪いと思うものをすべて遠ざけても、結局は親が見ていないところでやったり、他でそれを求めようとするでしょう。

世の中に出たら、毒と思われるものはたくさんあります。それに依存することなく生きるためには、免疫をつけることも必要な時もあります。そのうち、もっと魅力のあるものが出てくるのだと思います。

子育てで必要なことは、自信をつけさせることではないのです。
好きなことや興味のあることを早い段階で見つけ出し、伸ばしていくことです。
好きなことが見つからないから、ゲームをしているのかもしれませんよ。

子どもはひとりでゲームをするよりも、友達と外で遊ぶ方が楽しいようです。
友達との関係がうまく築けないから、内にこもっていくのかもしれません。

好きなことや得意なことがある子は、友達ともうまくいっているようです。

お母さん自身も子どもだけに目をやるのではなく、自分の人生をイキイキと楽しく暮らす工夫をしてくださいね。親のイキイキしている姿を見せてほしいなと思います。

自信のなさはOKとしましょう!



教育者や保育士の方なら、一度は勉強されたご存知のヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチですが、ペスタロッチの教育思想は道徳的人間の在り方であり、「人間教育」だったということをご存知でしょうか。

ペスタロッチ(1746年1月12日 - 1827年2月17日)とは、
スイスの教育実践家、シュタンツ、イベルドン孤児院の学長で、その生涯において理想の教育のあり方を思索し、直接的に子どもを教育しました。フランス革命後の混乱の中で、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事し、活躍の舞台として、スイス各地にまたがるノイホーフ、シュタンツ、イフェルドン、ブルクドルフがなどが有名。
ペスタロッチはルソーの教育思想を受け継いでおり、自分の教育理念を形成した後、それを近代の教育思想家であるフレーベルやヘルバルトなどに伝えました。そのことから、自分自身の前の時代と後の時代の橋渡しを行った人物と言われています。

私は、ルソーやフレーベルも好きですが、ペスタロッチの教育思想がとても好きです。
今に通じる「知・徳・体」の調和的発達と、弱者への配慮ある教育を提唱したのもペスタロッチです。

ペスタロッチは、教育の対象としての子どもという人間の在り方やその本性について探求し続けました。彼の著書である『探求』には、仮説的に3つの人間の状態を上げています。

①堕落的ではない自然人と堕落的な自然人に分けられる自然状態の人間
②社会的状態の人間
③道徳的状態の人間

ペスタロッチの教育目的とは、道徳的状態の人間の在り方であって、道徳的状態の人間こそが本来的な人間であると考えていました。社会的状態の人間という現世の人間を道徳的状態の人間にするのが教育であって、つまりその教育が「人間教育」だということです。

ペスタロッチの言葉
「王座の上にあっても、木の葉の屋根の蔭に住まっても同じ人間だ」
「生活が陶冶する」
は、有名ですね。

もっとペスタロッチの勉強をしたくなりました。

聴き上手になるためには、9つの問題をクリアしなければならないそうですよ。
意外とやっていることばかりなので、私も注意して話を聴くように心がけています。


★聴き上手になるための9つの問題

①他のことに頭がいっぱいで、集中して話が聴けない
②ついつい相手の話を遮って話をしたくなる
③他人の議論や意見に反論したくなる
④相手の話に興味がもてない
⑤専門的すぎて理解できない
⑥なんだか気が散る
⑦最後まできかないで結論を言いたくなる
⑧熱心に覚えようとして要領悪くきいてしまう
⑨人で判断してしまう

以上の9つの問題点を知った上で、「自分はこんな時(心理状態)に話をきかなくなるんだな」と自分を客観視してみるといいかもしれません。

そして、話の主役が『自分』になってしまうと、相手の話は聴けなくなってしまいます。自分の話題が中心になるのは、子どもが話しているようなもの。大人になったら、相手の話や考え方をキチンと聴くことが大切ですね。

最近、気温が高くなり免疫力が低下したせいでしょうか、夏風邪が流行っています。
皆さん、お元気でお過ごしですか?

数日間、高熱が続いたり、熱が上がったり下がったりして、夏風邪は長引くと言われます。
市内の他園でも夏風邪による欠席が多いそうです。
くれぐれも体調管理にはお気をつけてくださいね。

そんな中、夏風邪なんてなんのその!ありんこ親子保育園の子ども達は皆元気です。
4月から入園した子ども達も、休まないできています。
「ここの子どもたちは、免疫力が強いのかな…?」なんて、昨日先生たちと話をしたんです。
きっと、よく遊び、よく食べて、よく寝て、よく大笑いするからでしょう。

笑うことが免疫力に効果的だということは知られていますね。
私も毎日、子ども達と大笑いしていますので、心身ともに元気で過ごせています。
職場に笑いがあるというのは、コミュニケーションもスムーズで人間関係のストレスも減りますね。

今日は笑いの効果についてご紹介したいと思います。

“笑い”がNK細胞を活性化して 体の免疫力をアップする!
あまり知られていませんが、若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。
これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞です。
人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われています。

私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。
逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまいます。

ただ、免疫力は強ければよいものではありません。リウマチや膠原病など自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫システムが体に悪い影響のある物質だけでなく自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。
実験を行ったところ、”笑い”にはこうした免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかとなりました。
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるのです。


血行促進や記憶力アップ… “笑い”のプラス効果はいろいろ

笑うと免疫力が高まるだけでなく、ほかにも体にさまざまな良い効果をもたらすことがわかっています。
(1)脳の働きが活性化脳の海馬は、新しいことを学習するときに働く器官。笑うとその容量が増えて、記憶力がアップします。また、”笑い”によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスするほか、意志や理性をつかさどる大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、脳の働きが活発になります。
(2)血行促進思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になります。
(3)自律神経のバランスが整う自律神経には、体を緊張モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、両者のバランスが崩れると体調不良の原因となります。通常起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うと副交感神経が優位になるので、交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり、自律神経のバランスが整います。
(4)筋力アップ笑っているときは心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、いわば”内臓の体操”の状態。静かに過ごすより笑っているほうが、カロリーの消費量が多くなります。さらに、大笑いするとお腹や頬が痛くなるように、腹筋、横隔膜、肋間筋、顔の表情筋などをよく動かすので、多少ながら筋力を鍛えることにもなります。
(5)幸福感と鎮痛作用笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。この物質は幸福感をもたらすほか、”ランナーズハイ”の要因ともいわれ、モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減します。

日常生活で”笑い”のもとを 探しながら、プラス志向に

いくら体に良いからといっても、意識して笑うのはなかなか難しいもの。テレビのお笑い番組やコメディ映画を観るのも、限りがあります。“笑える毎日”のコツは、日ごろから自分でおもしろい話を考えて周囲の人に話し、一緒に楽しむこと。

そのためには常に”笑い”のネタ探しが必要なので、胸の内の不安や心配ごとより外の世界へと注意が向いてきます。やがて人を笑わせることに快感まで覚えるようになれば、前向きな気持ち、喜びがさらに健康にプラス効果をもたらすでしょう。

中でも自分や身内の失敗談、短所などは笑い話になりやすく、なにか失敗したりや嫌なことがあっても、「これは使える」と思えばいつまでもくよくよと考えなくなります。意識して周りの出来事を観察すれば、日常生活や仕事の中にも意外なほどネタはたくさん見つかるものです。

NK細胞を元気にする 日ごろの心得7か条

NK細胞の働きを活発にしてがんやウイルスに強い体を保つには、日常でいくつかの心がけが必要。NK細胞はストレスによって弱まり、うつ状態ではかなり悪影響を受けてしまいます。まずは以下のことを心がけましょう。
1.毎日7~8時間の睡眠をとる
2.心身両面の過度なストレスや疲労を避ける
3.心配や不安、悲しみはなるべく短い時間で乗り越える
4.憂うつ感が長く続く場合は、早めに専門医に相談する

一方、NK細胞を強くするためには、楽しく笑うだけでなく以下のような方法がおすすめです。
■ 適度な運動を毎日、少なくとも週3回続けるもっとも効果的な運動の目安は、毎日約30分、少し速いと思えるくらいのスピードでウォーキングを。過労となるほどの激しい運動は、かえってマイナスに。
■ 自分の好きなことを見つけて熱中するたとえば、カラオケ好きな人が熱唱するとNK細胞が一気に活性化します。ところが、歌が苦手な人のNK活性は逆に弱まってしまったという実験結果も。好きなことに打ち込むときの集中力がカギとなります。
■ とくにおもしろいことがなくても、笑顔を心がけるNK細胞の働きが弱い人や基準値の人は、作り笑顔を続けた後にNK細胞が活性化するという実験結果が出ています。”表情はいつも笑顔で”が、免疫力アップに効果的です。



私は30代の頃、病気を患った時に、「笑いが良い」と聞きました。
笑うことで、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)という免疫細胞が増殖し、悪い細胞を死滅させてくれるそうです。ですから、笑うことでNK細胞が増えて、免疫力がアップするため、身体が丈夫になるのですね。

それを知ってから、健康のために笑うことを意識するようになりました。
今では、それが自然とできるようになり、毎日、何度も大笑いするようになりました。

健康は、笑うことと関係があるのだと思います。
笑うことで、周りも明るく元気になれますね。
普段から腹の底から大笑いしていると、病気も逃げていくかもしれませんね。

どんなときも笑っていられるのは、本当に強い意志が必要です。
でも、辛い顔をしても、笑っていても同じ人生なら、私はどんなときも笑って暮らしていたいです。

笑う門には福来る
今日も元気に、思いっきり笑って過ごしましょう


私が小学生だった頃、道徳の授業で先生が「お友達とは、みんな仲良くしましょう」と教えられました。きっと今の小学校でも同じことを言われていると思います。

しかし、実際にそんなことは難しいです。みんなとどうやって仲良くしたらいいのでしょう?意地悪をする子もいれば、苦手な子もいるのです。どうやって付き合っていいかわからないから、仲良くできなくて悩むし、傷つくのです。

皆と仲良くするのが道徳と勘違いされている人も多いかと思いますが、私は道徳の時間に人間関係を教えるのは難しいと思うし、だいたい子どもの心には響かないのではないかと思います。

「皆と仲良く」は正論ですが、仲良くすることが重要なのではなく、支障のない人間関係が築ければいいのではないかと思います。

徳育は人間らしさ(思いやり、優しさ、面白さ、誠実な心等)を育てるものですから、道徳とは人間らしい道を教えるということなんだと思います。だったら、徳のある人を育てるために、「徳ってなんだろう?」「徳がなかったらどうなる?」「ありがとうを言ってあげられる人ってどんな人?」を教えたり考えさせ、それを実行させればいいと思います。
そして何より、大人がその背中を見せなければ、子どもは学べません。

私は、子どもの頃からの『徳育』が必要なのだと思います。
そして、大人がまず人間らしさを見せることが大切なのです。

子どもはいずれ大人になります。
日本を支えていく人材になるのです。
徳のない人たちばかりになって、徳のない国になっては困ります。

若い人たちの中には、人の批判、不平不満、自分さえよければいい、というような、徳のない生き方をしている人がいます。徳積みを知らないのです。損得を考えて行動するよりも徳積みをする方が、後々自分に得として返ってくることがわかっていないのです。

結局のところ、損得を計算して行動する人より、徳のある人が得をするというのが世の中の常なのでしょう。
私は、子どもの頃から、そういう大人たちを幾度となく見てきました。

‘情けは人の為ならず‘です。
「人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ」


こちらもどうぞ⇒徳のはなし「不陰徳(徳を失った)をした人の晩年はかならず悪い」