子どもが育つ過程において、大人になろうとしている時期のことを「モラトリアム時期」と言います。この言葉から、大人になりきれていない人のことを「モラトリアム人間」とも呼ばれています。

辞書には、「年齢では大人の仲間入りをするべき時に達していながら、精神的にはまだ自己形成の途上にあり、大人社会に同化できずにいる人間」とあります。

日本では、『成人』といいますが、20歳になったからといって、‘人として成った‘とはいえない人もいるかもしれませんね。


奈良時代以降、男の子は16歳になると元服していました。
今で言う「成人式」ですね。昔の人は、現代人より精神年齢がずっと高かったのでしょうね。

身体は大人でも、精神は子ども。
精神の成熟をしていなかったら、どんな大人になるのでしょう?

・自己管理ができない
・感情のコントロールができない
・甘えの欲求が強い

などとともに、自立ができなくなるようです。

自立には、「精神的自立」「経済的自立」「生活身辺に関する自立」の3つの自立があります。大人になるための基礎的条件には、「精神的自立」が必要だといえます。


大人になりきれない原因は何でしょう?

誰もがしなければならないこと(しなければいけないこと)をしてこなかったことに原因があるようです。大人になるためのプロセスをキチンと踏んでこなかった人は、モラトリアム人間になりやすいそうです。

過保護・過干渉などで、子どもができることでも親がやってしまったり、いちいち口出しをしたりして、子ども自身が自分で考え、決めてこなかった。
外遊びや友達との関わりが少ない。
問題を解決する体験が少ない。  等…。 

大人になりきれない人の一番の課題は、いわゆる「心理的離乳」です。
親がいないと自分では何もできないと思っている場合は、親に過剰依存の状態なのかもしれません。またその親も、子どもに依存している場合(共依存)が多いようです。

心理的離乳には、段階があります。

第一次心理的離乳
・親からの離脱と依存性の払拭

第二次心理的離乳
・離乳後に育つべき自立性

これは、まさに乳児を育てる上でのプロセスそのものです。
大人になりきれない人は、心の育て直しが必要だということなのでしょうか。

モラトリアム人間にならないまでも、精神的自立が弱い人もいます。
人間が生涯、生きていくために必要なものが、「精神の安定・充実」と「自立」だと思います。その基盤は、子どもの時期に育っていてほしいものです。

親は過保護・過干渉にならないように、子どもができることは自分で考えさせてやらせましょう。それを見守るくらいがちょうどいいと思います。助けてほしいと言って来たときは、どうぞ手をかしてあげてください。

お手伝いなどの体験・経験や、異年齢の関わりを増やし、自分でできることを1つずつ増やしてあげましょう。

どうぞ、子ども達を温かく見守ってあげてくださいね。

昨日のブログ「保育士を目指しませんか?」には、思いのほか反響がありました。

保育士になりたいけど…
やっぱり無理。時間がない。お金がない。
短大や専門学校に行かなければなれないと思っていた。
子どもが大きくなったら考えようかな…って、思っていた人たちに刺激になったようです。

後回しにして、結局やらなかった。
夢があったのに、無理だと諦めた。
できないと決めつけて、努力しなかったら?
「ああ、やっぱりあの時にやっておけばよかった…」という思いは、自分の中に残りますね。

私は自分のことでも他人でも、このようなことがあると、とても悔しく思います。
少しやる気を出せばできるのに、できないと諦めてしまったら本当に残念に思います。

私は常に「ダメで元々、やってみなければわからない」と言っています。
「できないと思えばできないよ」とも付け加えます。

できないと思ったことでも、工夫次第では「できる」になることもあります。
「どうしたら、できるようになるか?」という視点で見てみると、糸口が見つかるものです。

先日、ある難題を突き付けられ、クリアできる可能性のあることを片っ端から考えました。そして、それを可能にさせられる人を探し、説明して協力してもらいました。何とかなるものです。難儀・難題と思っていたことが、結果として「できる」に変わりました。

これが人生の醍醐味だし、面白いところです。
こうやって、「できた!」が増えると、自信になっていくんですね。

達成した後は、精一杯生きているという満足感と充実感を感じます。

保育士になった時の自分を想像してみてください。
これほどの達成感はないですよ。なりたい自分になれるのです。

しかし、保育士試験に合格し保育士になることは、スタート時点に立つということです。
保育の勉強を現場で活かせて初めて保育士になったということですから、
その楽しみとやりがいは想像を超えるものではないでしょうか。

自分の人生を切り開いて、一歩踏み出す勇気を持って進んでほしいなと思います。

保育士不足が叫ばれている昨今、当社では保育士候補生を雇用しています。
保育園で働きながら保育士を目指すというものです。

昨年は1名の候補生が保育士試験に合格し、念願の保育士になりました。
保育士試験に合格された方は、会社から表彰されて保育園で保育士として勤務しています。

今年は2名の保育士候補生が保育士を目指して勉強しています。
皆さん、子育て中のお母さんです。
保育の勉強を始めると、我が子の子育てにも役に立つようで、
子育て中のお母さんたちに保育の勉強をすることをお勧めしています。


子どもが大きくなってから資格を取ろう、と思っている方、
小さいうちだからこそ時間があると思っていた方がいいですよ。
大きくなったらなったで、幼稚園の送り迎え、園行事等、
小学校に行っても1学期はすぐに帰ってきます。

未就園児だからこそ、時間がたっぷりあるんです。
やろう!と思った時が好機です。
時間は工夫次第で隙間時間がつくれますよ。

保育士は比較的取りやすい資格です。
1. 保育原理
2. 教育原理及び社会的養護
3. 児童家庭福祉
4. 社会福祉
5. 保育の心理学
6. 子どもの保健
7. 子どもの食と栄養
8. 保育実習理論

それぞれ100点中、60点取れば合格です。
筆記試験が全て合格したら実技試験へ。

実技試験内容は、
①音楽表現に関する技術
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術
(必ず2分野を選択)

ピアノが弾けなくても、絵が描ければ大丈夫。

有効期限は3年間で、年に2回(4月と10月)に試験がありますので、3年間(6回チャンスあり)のうちに取ればOK。
合格した科目は3年間(10月から受ける方は2年半)有効なので、次の試験の時には不合格の科目だけ受ければOK。

合格した方の中には、本代+試験費用だけで済んでいる人も多いそうです。
テキスト代+過去問題集=1万円以下で買えます。
テキストと過去問題集は本屋さんやネットでも買えますよ。
ユーキャンなどの通信講座でも、5~6万円で受講できます。
試験費用は1回13,000円しなかったと思います。

詳しくはこちらをご覧ください→保育士試験を受ける方へ
(受験資格がありますので、事前に確認してください)

平成3年以前に高校を卒業された方は、高卒でも受験できるんですよ。
これは絶好のチャンス!

子育て中の方は是非、将来のために勉強して資格を取ってみてはいかがでしょうか?


「うちのバカ息子(娘)がね~」
「あんたはバカじゃないの」
「グズグズしないの」
「この子は、ダメね」
なんて、
お母さんたち、ついついこんなことを言ってはいませんか?
子どもは隣であなたの言葉を聞いています。

もちろん、本気で言っているのではないでしょうが、
子どもはそんな親の言葉を聞いて、どう感じているかわかりますか?
悲しくなったり、寂しくなったり、それが憎しみに変わったり…。
悪い言葉からは、建設的な感情や関係は生まれてきません。

今すぐに、我が子をバカにするような言葉を使うのはやめてほしいですね。
本当に、子どもがバカなことをした例も多々ありますから。


子どもは親の言葉通りに育つそうですよ。
バカ、ダメ、グズだと幼児期から学童期に何度も言われ続けている子どもは、その言葉が脳の潜在意識にインプットされてしまいます。そして、その言葉に敏感に反応してしまい、結果として本当にそうなってしまうそうです。

それだけではありません。
そう言われた子どもは親を信頼できなくなるでしょう。
まだ小さいうちは親の言うことを聞くでしょうが、高学年・中学生になったらどうなるのでしょうか?

子どもはお母さんが大好きですね。
その大好きなお母さんだからこそ、受け入れてくれなかったお母さんを恨んで大人になる人がとても多いのです。そんな風に育った人が親になり、我が子との関係にまた悩んでいます。

お母さんのストレスもよくわかります。
しかし、それを子どもに向けてはいません。
冗談でも子どもを馬鹿にする言葉を言ってはいけません。

私も子育てに失敗したなと思うこともありますし、たくさんのお母さんたちからいろんな悩みを聞いたりして思います。
その元は、自分の親との関係にあるのではないかと…。

大人本位で子育てしては、どこかで歪みが出てきます。
そうなってからでは遅い。

親が子どもの目線に下りていかないと、子どもは親の目線にはなれないのです。
子どもの心に寄り添ってみましょう。

きっと子どもの本音が聞けると思いますよ。


あなたはたばこを吸いますか?

これは、星野リゾートの採用ページの冒頭の言葉です。

「喫煙者は採用しない」という企業が増えているのをご存知でしょうか?


「平成28年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の喫煙率は29.7%で、昨年と比べの-1.3%減少し、全体的な喫煙人口は現在2027万人と2015年度と比較して57万人減少。全体的に見ても喫煙者は徐々に減ってきているようです。

喫煙者にとっては肩身の狭い時代になりつつありますが、最近では、業務効率の低下防止や社員の健康増進を理由に「喫煙者は採用しない」と銘打っている会社も増えてきているのだとか。

例えば、北信越地方を中心に展開する株式会社ワシントン靴店では新卒大学生向け採用ページで、応募条件の2つ目に、「タバコを吸わない人 会社の経営方針で現在は、非喫煙者のみを採用しています」と明記しています。
また、システム開発やコンサルティング業務を行うAcroquest Technology 株式会社も全社禁煙がポリシーであるということが公式HPにて記されており、赤字で「当社では喫煙者の採用はしておりません」とわかりやすく表記されています。ほかにも人材コンサルティング業の株式会社ウィルワンも今年度の新卒採用活動から喫煙者を対象としないことが、採用ページにて記載されています。
わかりやすい例としては禁煙補助薬を取り扱うファイザー製薬の例があります。禁煙をサポートする製品や「すぐ禁煙.jp」など、禁煙を積極的に進めている同社はそのイメージを壊さないために、社内でも「喫煙者ゼロ宣言」を行なっているといいます。

「喫煙者は採用しない」企業が増加中!? タバコは就活に不利って…ホントなの!?より


当社でも喫煙者は採用していません。
何故なら、保育園や学童保育という子どもの命を預かる仕事をしているからです。

保育・教育関係者は、絶対にたばこを吸ってはいけないと思っています。

それは、たばこは子どもに与える悪影響があるからです。
例え、子どもの前で吸わなくても、喫煙者の肺の中の蓄積された有害物質が息として吐き出されていて、それを子どもが吸って有害物質を取り込んでいるという問題が指摘されています。
これを「見えない煙」と呼ぶそうです。
こちらをご覧ください→たばこの害 写真


おおきなかぶ学童保育では、今年も夏休みに「たばこの害について」の子ども講座を行います。それは、将来子ども達を喫煙者にしないための取り組みです。
たばこはニコチン中毒ですので、一度喫煙者になってしまうとなかなかやめられなくなります。子どもの頃からのキチンとした禁煙教育が必要です。

これは、小学校で行ってほしいところですが、
学校の先生の中には、職員室の外で吸っていたりしますからね…。
学校内で吸うのは絶対にやめてほしいです。

親が喫煙者の場合、70%以上の確率で子どもが喫煙者になる可能性があると言われています。
また、現在はカードがないとたばこが買えないシステムになった影響で、中学生や高校生のたばこの万引きが多発しているそうです。その子たちが喫煙のきっかけになった原因は、親が吸っているたばこを家庭内で入手したことが主な喫煙のきっかけになっています。

子どもがいる家庭では、親が思っている以上に子どもへのたばこの影響は大きいです。

それよりも何よりも、一番は自分や家族の健康被害があります。
昨年、喫煙者だった叔母が肺がんで亡くなりました。
家族は介護と医療費の負担が大きく辛い日々でした。

これから就職する人、子どもを産み育てる若い人たちは、たばこは相当なリスクになると思って禁煙してほしいと思います。