あなたは、子どもの教育費にいくらかかるのかご存知ですか?
お金の計画を立てて子育てしていますか?


親の人生の中で、子どもにかかる教育費とその資産運用は絶対的に必要です。
そこで、今日は教育費の算出をしたいと思います。


『2・3・4・5の法則』 子ども一人につき636万円!

ちいさな子どもを持つ親御さんは、教育費なんてまだ先のことだと思われるかもしれませんが、そんなに遠くはないですよ。子どもの教育費のことを「2・3・4・5の法則」と呼ばれているのをご存知ですか? 小学校~大学まですべて国公立に通わせたとして、子どもにかかる教育費や給食費などの大まかな費用の算出方法です。

これは学校にかかわる費用のみで、塾や習い事など各家庭の裁量による支出は含みません。もちろん、お小遣い・食費・洋服代・娯楽費も別です。

小学校では、給食費や教材費などで月に2万円だから年24万円。
6年間で144万円。

中学校では、同じく給食費や教材費、部活動などで1か月に3万円で年36万円。
3年間で108万円。

高校では、授業料と教材費などで月に4万円で年48万円。
3年間で144万円。

大学では、授業料などで月に5万円くらいだから年間60万円。
4年間で240万円。

小学校から大学まで合計すると、636万円となります。

プラス習い事や塾、家庭教材などを含めると大学までに一人1000万円以上の計算になります。私立だとその3倍かかると思っていた方がいいみたいです。

習い事や塾などは月づきのお給料の中から算出しても、大学では授業料の前払いなど、大きいお金がどっと出ていくことになります。
その他にも中学からは制服・スクールバック・靴・ジャージ・部活用品など、入学当初は10万円以上のお金が必要になると思っておいた方がいいですね。

衣食住はやりくりでなんとかなりますが、教育費となると子どもの人数×636万円は最低でもかかります。我が家は4人の子どもがいるので、
636万円×4=2544万円になる計算です。
こんなことを考えるととてもやっていけない…と思いますね。
でも、これもやり方次第なのです。

我が家では子どもにお金をかけずに育てる方法で、教育費を算出してきました。
小学校のうちは塾に行かないでもすむように、小学1年生から家庭学習教材を使って勉強していました。公立高校の受験では中学までの教科書の内容ですから、小学校に入学と同時にしっかりと授業を聞き復習をやる習慣をつけるようにしました。
はじめから子どもにはあまりお金をかけていませんので、小さい頃は洋服も近所の方からおさがりですませました。高校生になってからは、自分のおこづかいはアルバイトで稼いでくれました。そのお蔭で、お金のありがたみも、職業経験もできたみたいです。

我が家は子どもが多かったので、「子どもにお金は極力かけない」というやり方でやってきました。
”お金をかけるとお金のかかる子になる”かもしれないというのもあります。小さいころから何でも買ってあげたり、子どもに言われるがまま言うことを聞いてしまうとやってもらって当たり前になり、感謝するどころかやってもらわないと不平不満を言うようになったりするかも…。

お金は使いようだし、子どもには必要な時に質の良いお金のかけ方をしたいものです。


乳幼児期~学童期が貯金をするチャンス

お金持ちなら別ですが、一般家庭では子どもにお金のかかる時期になれば、貯金はハッキリ言って難しいです。
我が家では、0歳児の頃から学資保険をかけていましたので、15歳、18歳時にはお祝い金がもらえて入学金などの心配がなくなりました。

若いころは、旅行にいきたい、洋服やブランド物がほしいなど買いたい・やりたいものも多いですね。でも、それは娯楽だったり、消耗品だったりします。
教育ローンを借りるようになる頃は、親の年齢は40~50代。そこから300万円の教育ローンを支払わなくてはならないと思うと、老後の積み立てなどにお金を回すのが難しくなりますね。若いうちは少しくらい我慢して積み立てをしても、後になって余裕が持てた方がいいと思います。

お金の心配をしなければならないのはとても辛いことです。
私は若い頃、何度もお金には苦労してきましたので、お金の運用や教育費のかけ方には計画性が必要なのだと知りました。

大学も子どもが行きたければ、奨学金制度もありますし、私立なら特待生度も狙ってみるのもいいですね。でも、奨学金は言い方が違うだけで”借金”です。子どもに多額の借金を負わせることになります。人によっては、40代まで奨学金を返している人もいますので、結婚や住宅ローンなどに影響してくるようです。

ちなみに、我が家のピーク時は長女:短大2年生、二女:高校2年生、長男:中学3年生、二男:小学6年生だった頃。その頃の子どもにかかる月額出費平均は、学費、塾代、交通費などで約18~20万円でした。
この頃はもう共働きでしたのでなんとかやりくりできましたし、学資保険が下りたので乗り越えられました。

参考までに、当時の我が家の教育費です。
短大の学費:2年目 約80万円(1年目は148万円)
授業料・教材費・修学旅行積立、給食代(公立3人分):約50万円
高校進学塾代・教材費:約35万円(夏期講習は受講しなかったので入っていません)
受験料・私立高校手付金・手数料:7万円
卒業式準備(袴・パーティー代など):約5万円
制服・ジャージ・通学用品代(中学・高校):15万円
その他、部活の費用、電車の定期代。

教育費の合計は、年間200万円以上かかりました。
そういえば、同じ年に成人式もありました。

教育費だけではありませんね。
食費、衣服費、水光熱代も連動して増えていきます。
子どもも体が大きくなっていくと、その分費用もかかるということです。

この時期のために、0歳児から積み立てをしてきたり、仕事を頑張ってきて本当に良かったと思いました。お金のかかる時期でも慌てることなく、生活を変えることなく過ごせることが良かったと思います。

これからも、末っ子の成人式や就職準備もあります。
近い将来、様々なイベントやセレモニーもあるでしょう。

子どもというのは小さい頃は手がかかり、大きくなるとお金がかかります。
まだお若い親御さんたちは、知恵と備えと計画を持って、子どもを育ててほしいなと思います。子ども自身がお金に対しての知識を持つようになれば、自分の大学の学費やおこづかいなどは考えてくれるようになります。
それを可哀そうだと思う親もいるようですが、子どもにお金を使いこんでしまうことで自分たちの生活に支障がでてしまっては、結局は将来子どもに迷惑をかけることになるのです。親の生活を安定させるということは、子どもの不安を取り除くことになるのですね。

お金は生きた使い方をすることが大切です。
生きたお金は、回りまわってまた自分に返ってくるものです。
死に金、捨て金のような使い方では、生活が苦しくなるばかりです。

子どもにも生きたお金の使い方をして、自立できるように育ててほしいですね。